SHANK、11年の足跡を駆け足で振り返る!

若手、中堅どころとのイメージが強いSHANKだけど、実は結成11年と活動キャリアは長い。新ミニ作『SHANK OF THE MORNING』と同時にそのキャリアをコンパイルしたDVD『11 YEARS IN THE LIVE HOUSE』が発売される。そのキャリアを庵原将平(vo,b)、松崎兵太(g,vo)、池本雄季(ds,vo)が振り返った。



【庵原、松崎、池本:音楽黎明期】

――どのへんのアーティストを聴いて、音楽に入っていったの?
庵原「たぶんそれぞれ違うと思うんですけど。一番初めに聴いていたのはEAGLES。あと長渕剛とか。親父が家で流してたのを聴いてたのは覚えてます。たぶんそこからじゃないかな」

――自分から進んで音楽を聴いたり、CDを買ったりしたのはいくつぐらいのときで、なにがきかっけだった?
庵原「中3ぐらいのときですかね。POTSHOTが長崎にくることになり、CDを買いにいったんです。その流れで初めてライヴにいって。たぶん(松崎)兵太もいたと思うんですけど」

――そこからどう音楽は広がってったの?
庵原「KEMURIとか、スカバンドを聴くことが多かったですね。中学校んときだったんであんまり数はいなかったんですけど、ほかに音楽を聴くヤツもいて。BRAHMANとか、そのあたりですね。Hi-STANDARDは、ボクたちが聴き始めた頃はもう活動休止してたんで」

――洋楽は?
庵原「THE MAD CADDIESとかスゴく好きで。SUBLIMEもそうですけど、ホーンが入ってるものは耳心地がよかったのか、自然に聴くことが多かったです」
松崎「ボクは親父が聴いてた音楽が最初。親父がギターを弾いてたこともあり、小学校5年生んときにギターを初めて練習したんですけど、ベタにFコードが弾けなくて一度は諦めたんです。その後中学校に入ってから、音楽室にあったギターを先輩が弾いてるのを見たりして。そしたら(庵原)将平がFを弾けたんですよね。それがスゴく悔しくて(笑)、もう1回弾こうと思って始めたのが、たぶんギターを本格的に触ったきっかけです。初めて買ったCDは横道坊主なんですよね。『クローズ』っていう漫画を親父がスゴく好きで、その最後の巻の最初に“クローズ”っていう横道坊主の曲の歌詞が載ってるんです。それを弾いてみたいと思いCDを買いにいったのがきっかけですね。そのうちにバンドブームがきて、MONGOL800とか175Rなどが流行ったとき、姉がそういうのが好きで一緒にライヴにいったのが初ライヴ。そのあと将平とPOTSHOTを観にいき、それからいつの間にか金が貯まったらライヴにいく、みたいな感じになったんです。洋楽はGREEN DAYだけは家が入ってたケーブルTVで流れてるのを夜中に観てて、イイなと思いました。学校の英語の授業で、アメリカからきた先生が同じ曲を流してたんです。高校に入ってからはいろいろかいつまんで聴いてましたね」
池本「ボクはもともとEXILEとかを聴いてた人間なんです。バンドのなかで、ボクだけ年齢がひとつ下なんですけど、よく兵太くんの家に集まりDVDを観るわけです。GOOD CHARLOTTEとかGREEN DAYとかをずっと見せられてたんですけど、みんなタトゥーが入ってるから、最初は怖くて。だけどカッコいいから観とけと言われて観てたら、そのうちに洗脳されたんでしょうね、だんだん興味が出てきた(笑)。それから10-FEETや地元のバンドのライヴに一緒に連れていってもらうようになったんです」

――3人とも長崎出身だけど住んでるところも近いの?
庵原「スゴく近かったですね。ボクの家から歩いて5分ずつぐらいのとこ。地域がものスゴく狭いし、人もいないんですよね。港町で、学校も全校生徒が150人ぐらい」
松崎「だから上も下も全員知ってるんです。(池本)雄季とは保育園から一緒なんで、年下、年上とか関係なかったですね。よくボクの家に集まりゲームしたりとか」


【SHANK生誕へ】

――3人でバンドを始めた経緯は?
松崎「中学校の文化祭で、先輩たちがライヴをやってるのを観たり、長崎にきたバンドを観にいったりしてて、なんかやりたいなっていう思いはありました。友だちの家にボロいドラムセットと5000円ぐらいのギター、それについてる小さなアンプ、あとはバンドスコアが1冊、2冊があったんです。まともな音は出てなかったと思うけど、みんな知ってて弾きたい曲をやってみたりして。そういうのをやっているうちにバンドを組もうかみたいになったと思うけど…最初の頃のことはあまりよく覚えてないんですね」
庵原「バンド名があったわけでもなく、とりあえずその家の和室にいき音を出して遊んでたみたいな、感じでした。最初の頃は雄季じゃない別のドラムがいて、ベースもいたし」
松崎「もちろんまだSHANKという名前じゃなかったんですけど、そのときのメンバーはボクと将平と同級生の4人で、ピンヴォーカルで別のドラムとベースがいた」

――それが高校1年生のときで、いわゆるSHANKの前身?
松崎「そうですね、入学する直前から入学してすぐ、メンバーのひとりが部活に入るまでで。なにひとつ活動してなかったですけど(笑)」

――その後SHANKになり、池本が加入したと?
松崎「イヤ、雄季が入ってからSHANKになった。この3人という形が固まってから、バンド名ぐらいつけようって」
庵原「最初はスカバンドをやろうと言ってたんです。だけどホーンがいないんで、最小限人数に落ち着いたっていう感じ。最初はバンド名をSKANKにしてたんです。あとは適当なバンド名ばかりで。そのなかにSKANKがあり、スカバンドだしSKANKにしようと(笑)。で、雄季がローマ字も読めなくて」
池本「メールで送られてきたとき“ん? シャンク?”って」
松崎「KをHに読むぐらい、まともにアルファベットもわからないようなレベル」
庵原「だけどシャンクの方が響きがよかった」
松崎「ボクたちもそこまでスカンクにこだわりがなかったから、いつの間にかSHANKになってた。11年も同じ名前でやるとは誰も思ってなかったんですけど」

――SHANKに決まったのが2004年。それから11年も経つということで、新DVDのタイトルが『11 YEARS IN THE LIVE HOUSE』なんだね。だけど小さい町で、バンド名なんか適当でイイっていう感覚でやり始めた当時は、まさか将来こうしてavexからメジャーデビューすることになるとは夢にも思わなかったでしょ?
松崎「まず、ライヴをどうやってやるかもわからなかった。ブッキングという制度も知らなかったし。だけどコピーバンドはバンドじゃないというか、ボクたちがライヴを観にいったバンドは、みなオリジナルをやってるというイメージがあった。だから、適当でもイイから最初からオリジナルでイイんじゃないかと」
庵原「10曲ぐらいないとライヴができないということで、じゃあ10曲作ってライヴをやろうと、ライヴハウスに電話をかけたんです。そしたら全然相手にされなくて。適当にあしらわれたんです。じゃなにかやるしかないと、楽器屋の上にあった小さなホールを借りて自分たちでチケットを作って」
松崎「初めてのライヴでワンマンしたんですよ」

――SHANKとしてのデビューライヴ?
庵原「そう、たったの10曲でしたけど(笑)」
池本「だけど170人ぐらいきたよね」


【3人にとって地元・長崎とは?】

――長崎というと異国情緒のある街というイメージがあって、独特な空気を感じる。港町ゆえの外からの文化の流入や原爆による悲劇により、ほかの九州の街とも全然違うような印象がある。3人にとっちゃ地元ゆえ特に意識してないようなことかもしれないけど、SHANKが今やってる音楽や歌詞に長崎の風土や文化が影響を及ぼしてるところってあるかな?
松崎「あんまりわからない…長崎っぽい音楽っていうのもあんまりないんですよね。“Knockin’ on the Door”(2012年発売のシングル『Wake me up when night falls again』収録曲)で、長崎の有名な“でんでらりゅう”っていう童歌を最初にイントロで使った曲はありますけど」
庵原「長崎には丸山遊郭っていう、吉原なんかと並ぶ遊郭のひとつが戦前まであったんです。そこで囲われてた遊女が歌ってた歌をパロディにしたことがあって。あんまりハッピーな歌じゃないけど」
松崎「あと、原爆投下日の8月9日は日曜だろうが祝日だろうが絶対に登校日なんです。それで被爆者の人の話を聞いたりする。その日に歌う歌も暗いんですよ。だから悲しいことがあったという事実はあるけど、そこから影響を受けてる部分はないと思います。どちらかというと地元でハッピーに生きてきた方なんで(笑)」

――みんなにとって、長崎とは?
松崎「そんなに深く考えたことはないです。生まれたところで、今も住んでる町で、一番落ち着くというか。ボク、バンドの友だちがあんまりいないんです。誰とでも飲みにいったりとかあんまりできないタイプなんですけど、長崎にいるときはまったくバンドに関係ない友だちと飲んでることが多い。一番落ち着くし、一番本音でしゃべれるのは長崎じゃないですかね」

――たとえばG-FREAK FACTORYの地元・群馬愛ってスゴく強いし、歌詞にもはっきりそれがメッセージにも出てる。SHANKの場合、そういうのとは違うのかな?
庵原「東京も嫌いじゃないですけど、ニュートラルになれる場所が長崎しかないんです。だからもう、当たり前なんですよね。どこかに移り住む気もないですし」
松崎「東京にはたまに遊びにきて、友だちと会って飲んだりするぐらいが面白いですね」

――「長崎がどこにあるかもわからないなんて、ふざけんな」っていう気持ちがあると、以前言ってたよね。そういう反骨精神みたいなものがバネになり、SHANKとしてここまでやってこれたっていうのはあった?
庵原「たぶんあると思います。長崎の地元バンドでも、第一線で戦えるというところを見せたいなというのはありますから」
松崎「最初のツアーで、どこにいっても間違えられましたよ。SHANK from長野とか、“長崎って東北なんでしょ?”って言われたりとか。しかも本気で言われる。悔しいなと思ったんですよね。長崎についてまったく誰も知らない。ということは原爆のことも知らないだろうし。そんな深いところまで思ってなかったかもしれないけど、あまりにも知られてないっていうのはスゴく無力に感じましたね。絶対に知らしめてやろうというのはあったと思う」


【SHANKとしての活動本格化】

――G-FREAK FACTORYのウェブサイトに「一緒にライヴやりませんか?」とオファーの書き込みをしたことがあったそうだけど、初期の頃はイイなと思うバンドに自分たちから売り込むことを進んでやってたの?
庵原「そのときはたぶん、誰とやりたいというのが明確にあった。G-FREAK FACTORYはスゴく好きだったんで、一緒にやりたいなと思いました」
松崎「前所属レーベルTHE NINTH APOLLOの代表が、ボクたちがこのバンドと一緒にやりたいって言ったらとりあえずメールを送ってみるという人だったんです。ライヴをやってカッコいいなと思うバンドには、ボクたちから直接声をかけたりしてた。G-FREAK FACTORYはボクたちが高校生んときにライヴを観てたバンドだし、そういうバンドにいきなりメールを送れるかと思ってたけど、その代表が送って(笑)。で、ダメだった!とか平気で言ってくる(笑)」

――バンド名も編成も定まらず、なにも決めず考えずという始まりから、チケットを170枚売り楽器屋のホールで初ライヴをやり、G-FREAK FACTORYと共演し…無意識でありながらも確実にステップアップしてきたじゃない。2004年に結成し、どのくらいの時期からこのバンドで頑張ろうって思うようになった?
庵原「意識的にここで変わったっていうのはなかったと思うんですよね。頑張りたくないからバンドをやってる、というところから始めたんで(笑)。なんか楽しくなれればイイなと思いながらやってて、最初はCDを出すともまったく思ってなかったですから。だから“CD出せるんだ!”って(笑)」

――最初の作品が2008年発売の2曲入り『RESTART』だよね。
庵原「スタートもしてないのに“リスタート”って(笑)」
松崎「わけわからんですよね(笑)。再出発どころの騒ぎじゃないですからね、初めて出した作品だし(笑)」

――このときからもう、前所属レーベルからのリリースだったの?
松崎「先輩のバンドがTHE NINTH APOLLOにいて、その人の紹介でオムニバスに入れてもらうという話になったんです。それで高校卒業してすぐに免許を取り車1台をなんとか買い、名古屋と東京にいってそのオムニバスに参加しました。『FLAT BOARD』というTHE NINTH APOLLOの黒歴史みたいなのがあるんですね(笑)。そこにFEELFLIPとかTHE SKIPPERSとかも参加してて、みんなそこで出会った。初めてそういうところに出ていき、そのとき“長崎ってどこなの?”って言われたりもありました。で、その後にもう1回THE NINTH APOLLOのツアーに誘ってもらったんです、そのファイナルの日の楽屋でその代表に挨拶したとき“もう一度デモ作るならウチから出せば?”と言われ、ボクたちもわけわからず“はい!”と(笑)」
庵原「ツアーと言ってるのがカッコいいな、みたいなそんなレベルでしたから(笑)」
松崎「200円のカップ焼きそば食って車で寝てるのヤバいぞ! みたいな(笑)」


【SHANKは多作バンド?】

――それから7年の間にけっこうな数の作品を出してるよね。ここまで多作でいられる理由とは?
松崎「『RESTART』のツアーをやってるとき、ツアーの感じもだんだんよくなってきて、バンドのテンションもイイ感じだからと踏んだのか、“レコーディングスケジュールを押さえ、次作をすぐに出したいから7曲作ってほしい”とTHE NINTH APOLLOから言われて。その情報をすぐツイッターで拡散するもんだから“ヤバい! 曲作らないといけない!”みたいになって。それが『from tiny square room』(2006年)と『My sweet universe』(2008年)です」

――曲はどうやって書いてるの?
庵原「スタジオに兵太がフレーズを持ってきて、いけそうだとなったらなんとなく決めるんですよね、いつも。最近はそれをボクが持って帰って歌詞とメロディをつけてっていうのを何回か繰り返すという感じです。だけど『from tiny square room』の頃はどうやって作ったか覚えてない。あ、だけどホテルの部屋でやったような気も」
松崎「“Good Night Darling”(2012年発売『Calling』収録曲)って曲は新宿のホテルでグダグダに疲れてて、だけど曲を作らなきゃいけなくて、イントロだけ決まってたんです、メロディを決めるときに鼻歌を歌ったら、それがイイねということになった。曲によって作り方が違うんで、決まってないんですよね」

――リリースサイクルの早さに関して、これじゃ無理だって前所属レーベルに言ったことってあるの?
松崎「あるときから、こっちのペースでやりたいって言いました。『Loving our small days』って作品を2010年に出し、そこから『Wake me up when night falls again』(2012年)まで1年以上空くんです。毎年150本から200本ぐらいライヴをやってて、やめたいってぐらいテンションが下がったというか」
庵原「やめたいというより面白くなくなったんですよね」
池本「なにしてるかわからなかったですね」
庵原「自分たちが思ってた以上に擦り減ってた部分があったと思うんですね。なんか面白くねえなと思い、一度自分たちでやらせてくださいとなり、その時に『Wake me up when night falls again』を作った」
松崎「それまではずっとリリースツアーで、新人で曲も8曲しかないのに自分たちがトリで。アンコールがきても、やる曲がなかった。そういうのがスゴくイヤだった。曲がないからアンコール用に曲をとっておいたりしないといけない。30分で出し切りたいのに。それに誘ってくれる先輩バンドがいるのにライヴのスケジュールを入れすぎたせいで断ったりとか。そういうのもあって、次に作品を出すタイミングはこっちから言いたいと、前所属レーベルに話したんです。それで初めて余裕のある曲作りをしたり、自分たちで考えてやったのが『Calling』でした。そのへんからバンドとしてもちょっと変わってきたと思います」

――下がったモチベーションをもう一度上げるのはそう簡単なことじゃないじゃない。バンド内で、どうしようって話し合ったことってあった?
池本「ミーティングとかはなかったね」
松崎「誰かがキツいと言えばじゃ休もうよとなる。ひとりがキツくて楽しくないんだったら、じゃのんびりやろうよというスタンス。次の動きが見える頃にそう言えば先に止められるんですけど、始まってしまったらそういうのは言えないし。ライヴは楽しんでやってるけど、ライヴ以外のところでのストレスはあったと思う。ミーティングはなかったけど、疲れてるなと思ったらそれぞれ逃げ場を作ってたんじゃないかと思います」

――常に3人は同じ方向を見てる?
庵原「そんなことないんじゃないですかね。たぶんバラバラだと思います(笑)」
松崎「3人で一丸となって戦ってきてるとは思わないと、よく周りから言われるんですよ。飲みたくない人とは飲まなくてイイし、飲みたい人と飲みにいったらイイんだよと」
庵原「そのへんはバランスがとれてると思うんですよね。ボクがスゴく社交性がないので。バンドのそういうところは雄季が担ってると思いますし」


【新DVD『11 YEARS IN THE LIVE HOUSE』発売へ】

――多作だという話の続きだけど、ライヴDVDのリリースも多いよね?
庵原「DVDに関しては、ボクたちが出したいと言ったことはないんです」
松崎「だけど今回は節目もあったし、東京・恵比寿LIQUIDROOMでワンマンもやるし、どうせならちゃんと自分たちがこうしたいというDVDを作ろう、出そうよと」
庵原「やるならちゃんとやりたかったんですよ。ライヴをバーっと見せるのがダメっていうわけじゃないですけど、どうせ出すならもうちょっと面白いものにしたかったんですね。ツアー1本にもストーリーがあるわけじゃないですか。ライヴだけダラダラ観るならライヴハウスで観た方がイイと思うし。ストーリー性がちょっとでもあれば面白いと思うんです。今回はそういうのをやりたいということでちゃんと自分たちが関わり、編集もして」

――面白いから楽しいからということで、右も左もわからずに始めたバンドをもう11年もやってる。なぜだと思う?
庵原「11年間で、いろいろな人と会ったことで続けようという意識に変わってきたような気がしてます。最初はバンドをずっとやっていくゼっていう気持ちは全然なかった(笑)。最初の頃は全然友だちもいなかったけど、11年ぐらいやってたらどこの県にいっても一緒に飲む友だちがいたりする。そうやって人とのつながりが増えてきたんですよね。それはやっててよかったなと思うところです」

――よくSHANKというバンド名を変えなかったね。 全員「一回あったんですけどね」
松崎「2時間ぐらい話して、面倒くせえからもうイイやって(笑)。そんなもんだと思います(笑)」

――以前、松崎がSHANKをやる理由として、「将平の声色と歌がある限り、ボクは彼のために曲を書き続ける」って言ってたのを覚えてるんだけど。
松崎「カッコいいこと言ってますね(笑)」
池本「しかも裸でね(笑)」(筆者註:そのとき松崎はスッ裸だった)

――そういうふうに思える人と一緒にバンドをやれる人って幸せだなと思った。今もその気持ちは変わらない?
松崎「うーん、ボクが将平より歌えたら絶対に自分のバンドをやるんですけどね。だけど2人とも小さい頃からそばにいて、ボクが思ってるよりイイものを作ってきたりとか、ボクより歌はうまいし、ボクじゃ出せないものを持ってるんだったら、自分でカッコつけて歌って全然売れないよりは、そっちの方がイイだろうと。ボクはギターにこだわってるというより、この3人でやってるとふざけてて面白いと思うときが多くて。あんまり真剣に考えないからこそ楽しくやれてたのかもしれないし。11年やってるといっても、20年以上一緒にいるんで。音楽に限らず、一緒にいて面白いことが起きる可能性が高いんだったらそっちを選ぶだろうと。そして自分が歌うより絶対にイイだろうという割り切りですよね。誰もSHANKを辞めたいと言わないなら、ボクもずっと曲を書くだろうなぐらいのものです」

新ミニ作『SHANK OF THE MORNING』9/30発売に伴う取材記事は、9/30発行GrindHouse magazine創刊16周年に向けての第1号Vol92に掲載します。こちらも併せてお読みください!

text by Hiro Arishima


シェア