January, 2012

February, 2012

March, 2012

1st week | 2nd week | 3rd week | 4th week



広島FM, FM Aichi & DATE FM(仙台) February 25th On Air
KISS-FM KOBE February 26th On Air


<This Week Special:ATARI TEENAGE RIOT>

Interview with アレック・エンパイア(vo, synth)

――ATARI TEENAGE RIOTは政治的なメッセージを発信してきましたが、それがどのように伝わっているか、気になったことはありますか?
「反応はいつも気にしているよ。世の中にはいろいろなバンドがいるけど、ATARI TEENAGE RIOTはとてもクリアなメッセージを発信することをポリシーにしているんだ。だから、もし誤解している人がいたら、それを解くために何かしなきゃとも思っている。実際、メイカクすぎてリスナーに解釈の自由がない、という批判を受けるくらいさ。でも、それこそがバンドのアイデンティティなんだよね」

――では、CDセールスやライヴ動員はどのような意味を持ちますか?
「もちろん、多くの人たちがオレたちの音楽を聴いてくれているという指標にはなるから、うれしいことだよ。でもセールス数そのものは、そこまで大きな意味を持つものではないんだ。それを気にするのは、プレゼントの値札を見るような感じだよね。だから、どんなフィードバックがあるのかが大事なんだ。インターネットとかでも見られるけど、聴いてくれた人たちがどう感じたのかがね」

Play List
01. But by Fall /“One More Time”
02. Northern19/“We Are”
03. LINKIN PARK /“One Step Closer”

04. ATARI TEENAGE RIOT/“Activate!”
05. ATARI TEENAGE RIOT/“Re-Arrange Your Synapse”

06. GREEN DAY/“At The Library”
07. LOSTPROPHETS/“Better Off Dead”

08. SiM/“KiLLiNG ME”
09. CANCER BATS/“Old Blood”
10. FC FiVE/“Truth Has Gone [feat. Yuri & Kenzo from SWITCH STYLE]”
11. TERRORIZER/“Subterfuge”
12. MINISTRY/“99%”
13. LACUNA COIL/“Trip The Darkness”
14. HEAD PHONES PRESIDENT/“Desecrats”
15. MARILYN MANSON / “mOBSCENE”
16. BLESSED BY A BROKEN HEART / “Champion”



広島FM, FM Aichi & DATE FM(仙台) February 18th On Air
KISS-FM KOBE February 19th On Air


<This Week Special:KORN>

Interview with マンキィ(g)

――マンキーやフィールディ(b)は、もともとダブステップという音楽をあまり知らなかったそうですが、ジョナサン・デイヴィス(vo)から新作の方向性を聞かされたとき、どう思いました?
「オレなりに(ダブステップについて)少しリサーチしたけどね。正直、ダブステップでKORNならではのへヴィなサウンドを保持しながら進化できるのかどうか、最初は心配だった。昔からのコアファンを疎外したくなかった一方、これまでとは違う音楽に挑戦するために一歩踏み出してみたかったのは事実だよ。でも個人的にはすごく不安を感じていたね。“もしかして、 自分たちを見失う結果になるんじゃないか?”ってね」

――新作について、現時点ではどう感じていますか?
「ひとりのアーティストとして、そして20年間KORNを続けてきたメンバーとして、新作はヘヴィロックとエレクトロニック・ミュージックをバランス良く仕上げた作品だと自負している。KORNの核となるヴォーカル、ギター、ベースのサウンドを保つことでオレたちらしさを保持した一方、ダブステップ等のエレクトロニクス・ミュージックでクリエイティヴかつ実験的な世界に挑戦できた」

Play List
01. ENTER SHIKARI /“Hello Tyranosaurus, Meet Tyrannicide”
02. AEROSMITH/“Toys In The Attic”
03. THE MARS VOLTA /“Cotopaxi”

04. KORN/“Illuminati [feat. EXCISION & DOWNLINK]”
05. KORN/“Sanctuary [feat. DOWNLINK & J DEVIL]”

〜The Ultimate a la carte/有島博志が思うこと、感じること〜
06. DESCENDENTS/“I'm Not A Loser [Live]”
07. DESCENDENTS/“I Don't Want To Glow Up [Live]”

08. MARILYN MANSON/“Unkillable Monster”
09. OPETH/“The Lines In mY Hand”
10. BIOHAZARD/“Come Alive”
11. FC FiVE/“Never Say Good-Night”
12. RAMMSTEIN/“Ich Will/欲望”
13. NIGHTWISH/“Turn Loose The Mermaids”
14. DEUCE/“Let's Get It Crackin'”



広島FM, FM Aichi & DATE FM(仙台) February 11th On Air
KISS-FM KOBE February 12th On Air


<This Week Special:ENTER SHIKARI>

Interview with ラフトン“ラウ”レイノルズ(vo, synth)

――新作で、これまでとは意識して変えたり、新たに挑戦したりしたことはどんなことでしょうか?
「進化する上で意識していたことといえば、自分たちが受けてきた音楽的影響を自信を持ちながら恐れることなく取り入れてきたことだと思う。ブレンダーに投入してエンター・シカリならではのサウンドに加えていったんだ。それ以外のことは以前と何も変わっていなくて、同様に作曲しているよ」

――作品全体に一貫したテーマにはどのようなものがありますか?
「人生には色々なことがあって、僕たちはみんな互いに関係しあっているということに気付かせようとしている。宗教、人種、愛国心といった僕たち人間を隔てているものがあるけれども、そういったものによって隔離されていった状態のバランスを僕たちはとろうとしているんだ。僕たちは結局はひとつの生物種なのだから、生命や愛といった基本的なことを大切にしようと伝えたいんだ」

Play List
01. THE OFFSPRING /“Your're Gonna Go Far, Kid”
02. LACUNA COIL/“Trip The Darkness”
03. fade /“So Far Gone”

04. ENTER SHIKARI/“Arguing With Thermometers”
05. ENTER SHIKARI/“Stalemate”

〜The Ultimate a la carte/有島博志が思うこと、感じること〜
06. But by Fall/“Never Erase What Erases History”
07. But by Fall/“Message Hides In Your Bedroom”

08. EVANESCENCE/“Sick”
09. ELUVEITIE/“The Siege”
10. LAMB OF GOD/“Cheated”
11. FC FiVE/“Change Sorrow Into Rage”
12. TOTALFAT/“Attack Or Die”
13. BLESSED BY A BROKEN HEART/“Scream It Like You Mean It”
14. KAGERO/“Black Mig”



広島FM, FM Aichi & DATE FM(仙台) February 4th On Air
KISS-FM KOBE February 5th On Air


<This Week Special:LAMB OF GOD>

Interview with マーク・モートン(g)

――新作『レゾルーション』の作曲はツアー中に?それとも作曲期間を設けて集中的に作業したんでしょうか?
「ここ2枚のアルバムでは、ツアー中のオフの時間にリフを弾いては溜め込んでいたよ。コンピューターも使って、その場の雰囲気を逃さずにドキュメントしていったんだ。そして2011年の4月にバンドが一緒に集まって、みんなでアルバムに向けての作業を始めたんだ。曲はツアーの合間に作り貯めたリフが沢山あるし、曲として完成させるためにバンドで集まってまとめていったものが収まっている」

――新作を聴くと、これまで以上に攻撃的になり、激しいサウンドが追求されているように感じます。
「自然と生まれてきたということだね。何か戦略を立ててアプローチするようなことはないし、決まりがあるわけでもない。オレたちがアイディアを持ってスタジオに集まり、時の経過と共に変化していくミュージシャンやプレイヤーが抱える考えや受けてきた影響を形にしていくんだ。毎回集まってアルバムを作る度に各人の置かれた状況は異なっていて、それが音楽に反映されていく。オレとランディの書く歌詞は人生観に基づいていて、生活の中で経験するものが変われば歌詞に反映されるのさ。2、3年後に集まって作るアルバムは自然と別のストーリーを集めたものになるだろう。オレたちは今とは違う場所にいるのだろうからね」

Play List
01. TOTALFAT /“Good Bye, Good Luck”
02. SOULFLY/“Eye For An Eye”
03. But by Fall /“Romance Never Goes Pop”

04. LAMB OF GOD/“Guilty”
05. LAMB OF GOD/“Invictus”

〜The Ultimate a la carte/This Is Cover Paradise〜
07. BEASTIE BOYS/“Sabotage”
08. CANCER BATS/“Sabotage”

09. YOUNG GUNS/“Learn My Lesson”
10. ALL TIME LOW/“Do You Want Me(Dead?)”
11. Fear, and Loathing in Las Vegas/“Just Awake”
12. FC FiVE/“My Strife”
13. BIOHAZARD/“Countdown Doom”
14. BLEEDING THROUGH/“Faith In Fire”
15. fake kingz/“infinity”
16. BLESSED BY A BROKEN HEART/“Love Nightmare”