June, 2012

July, 2012

August, 2012

1st week | 2nd week | 3rd week | 4th week |



広島FM, FM Aichi & DATE FM(仙台) July 28th On Air

<This Week Special:SERJ TANKIAN>

Interview with サージ・タンキアン
――今回の『HARAKIRI』のアートワークは、タイトルに反してとてもポップですね
「前作『MPERPECT HARMONIES』(2010年)のヴィジュアルは、シリアスである意味ダークで厳粛だった。エレクトロニックスにオーケストラを駆使した、ヘヴィなアルバムだったしね。オレが思うに、この作品は非常に直球で、アップ・ビートでパンクなヴァイブが入った、もっと興味深いモダンなカラーなアルバムなんだ。だからカラフルなアートワークにすることに意味があったんだよね。実は、日本のアートにすごく刺激されてできたものなんだ。多くの日本のモダン・ポップアートはとてもカラフルで、絵の具をまき散らしたり、クリエイティブで冒険的だ。というか、ほとんどのポップアートは日本のそれに影響されているんじゃないかな」

――SYSTEM OF A DOWNのときと、ソロのときとで、歌詞の書き方や内容を分けたりはしているんですか?
「SYSTEM OF A DOWNとソロの歌詞を分別したことはないんだ。歌詞の部分だけを言うならば、その変化は作詞家としての成長の結果だと思うよ。経験だね。そして歳をとると共にボキャブラリーも変わってくるし、考えかたも変わる。人生経験も変わるし、理解力の深さも変わるかもしれない。それらすべてが歌詞に反映されるんだ。時と共に変化してきているんじゃないかな」

Play List
01. KOLPIKLAANI / “黄泉の儀式/Kunnia”

〜FLASH & TOPICS〜
02. DEFTONES / “CMND/CTRL”
03. ALLISTER / “Failure”

04. SERJ TANKIAN / “Ching Chime”
05. SERJ TANKIAN / “Cornucopia”

〜The Ultimate a la carte〜
06. BOMB FACTORY / “Sick Head”
07. 10-FEET / “その向こうへ”

08. AEROSMITH / “Legendary Child”
09. THE OFFSPRING / “Secrets From The Underground”
10. TOTALFAT / “Just Say You Word”
11. TESTAMENT / “True Amarican Hare”
12. coldrain / “Persona”
13. P.O.D / “Bad Boy”
14. LINKIN PARK / “Lies Greed Misery”



広島FM, FM Aichi & DATE FM(仙台) July 21th On Air

<This Week Special:THE SMASHING PUMPKINS>

Interview with ビリー・コーガン(vo,g)
――新作『オセアニア〜海洋の彼方』を制作する際、あなたはどんな作品にしたいと思ったんですか?
「スマッシング・パンプキンズ独自のサウンドのエネルギーを保つと同時に、音楽的な言語を変えることが鍵だった。つまり僕たちにとっては、ギターの録音方法を変える必要があったということ。これまではギターの音を何層にも重ねていたけど、 今回はあえて音に間(スペース)を持たせることで、よりパワフルなサウンド作りが可能となったんだ」

――これまでと違った方法を取りつつ、スマッシング・パンプキンズらしさをキープするのは難しかったのでは?
「あるとき、聴き慣れた自分たちのサウンドに“これはもうエキサイティングじゃないな”と思ったのがターニングポイントだったね。90年初頭にスマッシング・パンプキンズが作りだしたパワフルなギター・サウンドをみんなが真似することによって、今や聴き慣れた、危険でも珍しくもない“共通言語”となってしまった。 ミュージシャンは各自の音楽的価値を保持しながらも、常に新しい音楽的言語を生み出していくべきだ、と僕は信じている。 だから、僕たちにとって今回ベストな方法は音に間(スペース)を持たせることだったのさ」

Play List
01. THE OFFSPRING / “The Future Is Now”

〜FLASH & TOPICS〜
02. 2side1 BRAIN / “YOU ARE BEAUTIFUL”
03. AEROSMITH / “Legendary Child”

04. THE SMASHING PUMPKINS / “My Love Is Winter”
05. THE SMASHING PUMPKINS / “Panopticon”

06. SERJ TANKIAN / “Uneducated Democracy”
07. Fear And The Nervous System / “Chosen Ones”
08. fade / “WAKE UP THE WORLD”
09. THE OFFSPRING / “Diving By Zero”
10. TOTALFAT / “Just Say Your Word”
11. DOIMOI / “円群”
12. THE SMASHING PUMPKINS / “The Celestials”



広島FM, FM Aichi & DATE FM(仙台) July 14th On Air

<This Week Special:HEAD PHONES PRESIDENT>

Interview with ANZA(VO)

Play List
01.coldrain/“NO ESCAPE”

〜FLASH & TOPICS〜
02. TESTAMENT / “True American Hate”
03. KOLPIKLAANI / “黄泉の儀式/Kunnia”

04. HEAD PHONES PRESIDENT / “Just A Human”
05. HEAD PHONES PRESIDENT / “Rise And Shine”

〜The Ultimate a la carte/〜
06. ANGEL WITCH / “Dead Sea Scrolls”
07. ANGEL WITCH / “Angel Witch”

08. P.O.D. / “Murdered Love”
09. LINKIN PARK / “I'll Be Gone”
10. THE OFFSPRING / “OC Guns”
11. TOTALFAT / “Friend Never Sucks”



広島FM, FM Aichi & DATE FM(仙台) July 7th On Air

<This Week Special:GOJIRA>

Interview with ジョー・デュプランティエ(vo,g)
――バンド結成時から現在のようなビートが複雑で、手数も多いテクニカルなデス的なメタルを演りたいと音楽的焦点は定まってたんですか?
「僕たちはこのバンドを始めてからいくつかのデモの録音をしてきた。ダークでテクニカルなデスメタルという感じだったよ。もっとピュアなデスメタルだった。それからすぐにほかの要素やジャンルを取り入れ、心の底から生まれてくるものを作っていくようになったんだ」

――新作はプレイがタイトになっただけでなく、リズムが複雑になり、さらにテクニカルな作風になりましたね。
「僕らもテクニカルな作品になったと思っているけれども、同時にもっと洗練されて落ち着いた気がするんだ。派手に魅せるところが減り、楽曲自体をもっと聴かせるような作品になったんだ。リスナーは、リフがゆっくりになったりミドルテンポの曲が増えたりと、多くの人はそこに気付かずにシンプルになった印象を受けているようだね」

Play List
01. Fear And The Nervous System / “Choking Victim”

〜FLASH & TOPICS〜
02. KILLSWITCH ENGAGE / “Eye Of The Storm”
03. HEAD PHONES PRESIDENT / “Lost Place”

04. GOJIRA / “Liquid Fire”
05. GOJIRA / “The Axe”

06. THE OFFSPRING / “Days Go By”
07. TOTALFAT / “X-Stream”
08. AEROSMITH / “Legendary Child”
09. SERJ TANKIAN / “Figure It Out”
10. DOIMOI / “円群”
11. THE SMASHING PUMPKINS / “Inkless”
12. LINKIN PARK / “Skin To Bone”
13. P.O.D. / “Eyez”