FM

June, 2015

FM愛媛, 広島FM, @FM, FM GUNMA & DATE FM(仙台) June 27th & 28th On Air
This Week Special:BREAKING BENJAMIN

CARCASS

ベンジャミン・バーンリー(vo)

――新作ではどんな作品を作ろうと考えていたんでしょうか?
「このバンドを始めた時から俺が中心となって曲を書いてきて、作曲においていくつか
のスタイルを保ってきた。それを変えることに興味はなくて、自分らしいサウンドであり
続けたいと思う。自分の好きなバンドがそのサウンドを変えてしまうのは好きじゃないよ。
自分のバンドにそんなことは起こってほしくないし、いい曲を書き続けることを俺は目
指している。そうすることでシグネチャーサウンドとなっているんだ」

――BREAKING BENJAMINの楽曲は基本的にはヘヴィですが、アルバムには必ず
バラードが収録されていますよね。自分の作るメロディは、どんな曲調でも光るもの
があるという、強い自負があるのではないですか?

「ある意味、そこにBREAKING BENJAMINのテーマがあると思うね。ハードな音楽に
良いメロディが伴うというのが、俺のサウンドであり好きな音楽でもあるんだ。それは
90年代にニルヴァーナを好きになったことから始まっている。俺は彼らの大ファンなんだ」

■Track List

  • 01. 10-FEET / "What's Up?"

■FLASH & TOPICS

  • 02. ROACH / "リーリヤ-never again-"
  • 03. dummy-xD / "1, 2, 3"

■Interview

  • 04. BREAKING BENJAMIN / "Breaking The Silence"
  • 05. BREAKING BENJAMIN / "Angels Fall"

■The Ultimate a la carte

  • 06. ANGRY FROG REBIRTH / "Tonight"
  • 07. ANGRY FROG REBIRTH / "Love You"

  • 08. SiM / "Millions Of Stones"
  • 09. MAN WITH A MISSION / "The Cure"
  • 10. KEMURI / "Ohichyo"
  • 11. LUCY'S CROWN / "Watching"
  • 12. クリープハイプ / "空色申告"
  • 13. NoMaRa / "Sell Out"
  • 14. MUSE / "Dead Inside"

FM愛媛, 広島FM, @FM, FM GUNMA & DATE FM(仙台) June 20th & 21th On Air
This Week Special:ANTHEM

CARCASS

柴田直人(b,vo)

■Track List

  • 01. EMERY / "Returning The Smile You Have Had From The Start"

■FLASH & TOPICS

  • 02. ANGRY FROG REBIRTH / "Break me eyes"
  • 03. FUTURE LEADERS OF THE WORLD / "Sink Or Swim"

■Interview

  • 04. ANTHEM / "Evil One"
  • 05. ANTHEM / "Shine On"

■The Ultimate a la carte

  • 06. FUTURE LEADERS OF THE WORLD / "Spotlight"
  • 07. FUTURE LEADERS OF THE WORLD / "Make You Believe"

  • 08. MUSE / "Dead Inside"
  • 09. BREAKING BENJAMIN / "Angels Fall"
  • 10. NoMaRa / "Cheap Talk"
  • 11. KEMURI / "Sunny Side Up"
  • 12. DONOTS / "You Can Never Be Alright"
  • 13. noTOKYO / "brilliant+hunter"

FM愛媛, 広島FM, @FM, FM GUNMA & DATE FM(仙台) June 13th & 14th On Air
This Week Special:SiM

CARCASS

MAH(vo)

■Track List

  • 01. METHODS OF MAYHEM / "Get Naked"

■FLASH & TOPICS

  • 02. ROACH / "HIGH FIVE!!"
  • 03. BREAKING BENJAMIN / "Angels Fall"

■Interview

  • 04. SiM / "EXiSTENCE"
  • 05. SiM / "Millions of Stones"

■The Ultimate a la carte

  • 06. DONOTS / "No Part Of It"
  • 07. DONOTS / "The End Of The World Was Yesterday"

  • 08. A GHOST OF FLARE / "There's no rose without thorn"
  • 09. MUSE / "Dead Inside"
  • 10. MAN WITH A MISSION×ZEBRAHEAD / "Out Of Control"
  • 11. KEMURI / "Slow Light"
  • 12. APOCALYPTICA / "Cold Blood"
  • 13. クリープハイプ / "愛の点滅"

FM愛媛, 広島FM, @FM, FM GUNMA & DATE FM(仙台) June 6th & 7th On Air
This Week Special:DONOTS

CARCASS

インゴ(vo)

――『¡CARAJO!』は今年2月にリリースした『KARACHO』の英語版ですが、基本
的に歌詞の内容はドイツ語を直訳した、同じものなんですか?

「そうだね、少なくとも曲の題材はそのままにするよう心がけたけど、さすがに一語
一語訳すのは無理なんだ。ドイツ語は言葉遊びが満載なんで、それを英語に訳し
ても意味をなさないんだよ。逆もまた然りだ。だから、どの曲も基本的なフィーリン
グは維持して、キャッチ・フレーズやフック・ラインはドイツ語で歌ったのと似たもの
にするよう心がけた」

――2014年に結成20周年を迎え、音楽性は進化とともに変化を遂げました。逆に
この20年間、DONOTSの中で変わっていないものは?

「俺たちは相変わらず、やたらと長いソロをやるようなフュージョン・ファンク・バンド
じゃない(笑)。相変わらず、ガツンと来るコンパクトなパンクにするよう心がけている。
そして、長年経っても絶対に変わっていないのは、このバンドが持っているエナジー
だね。そのことはみんなからずっと言われているよ。“君たちのライヴに行くのは素
晴らしい。客1人1人のためにプレイしているように感じられるから”ってね。20年経っ
ても、そのエナジーは健在なんだ。俺たちのライヴは楽しいし、コミュニケーションも
すごくよく図られている」

■Track List

  • 01. 宇頭巻 / "一撃"

■FLASH & TOPICS

  • 02. SiM / "EXiSTENCE"
  • 03. NoMaRa / "Tesla"

■Interview

  • 04. DONOTS / "I Will Deny"
  • 05. DONOTS / "Camden Station, 1AM"

■The Ultimate a la carte

  • 06. CAVALERA CONSPIRACY / "Electric Funeral"
  • 07. APOCALYPTICA / "Spiral Architect"

  • 08. MAN WITH A MISSION / "datebase (feat.Ali/ZEBRAHEAD)"
  • 09. ZEBRAHEAD / "Lockjaw"
  • 10. BREAKING BENJAMIN / "Failure"
  • 11. KEMURI / "New Generation"
  • 12. noTOKYO / "brilliant+hunter"
  • 13. MUSE / "Dead Inside"
  • 14. LUCY'S CROWN / "Stoopid Girl"

Backnumber Archives

■2012年 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12
■2013年 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12

■2014年 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12
■2015年 1 | 2 | 3 | 4 | 5