FM

October, 2012

広島FM, FM Aichi & DATE FM(仙台) october 27th On Air
This Week Special:BETWEEN THE BURIED AND ME

MUSE

BETWEEN THE BURIED AND ME/トミー・ロジャース(vo,key)

――新作は2010年のEP『ザ・パララックス:ハイパースリープ・ダイアローグ』で始まった
   コンセプト/ストーリーの完結編だそうですね。

「うん、前回のEPが物語の最初のパートで、今回のアルバムでストーリーが完成するんだ。
基本的なアイディア、コンセプトは今オレたちがいる地球とそっくりなほかの星で、
そこには自分の複製のような人物が存在する。存在している時間は同じとは限らなくて、
過去だったり未来だったりする。ある男とほかの星にいる彼の生き写しの人間、ふたりの話が展開する。
まったく別の時間と空間に存在するふたりなんだけど、最終的に同一人物だと分かるんだ」

――長くて、テクニカルで複雑な曲を作るとき、どのようにしているんですか?
「オレたちが曲を書き始めるときは、特にこれといったプランはないんだよね。
そのときに頭の中にあるものをアウトプットする感じなんだ。オレたちのバンドは
メンバーそれぞれ個性が違っているから、色んな考え方やスタイルの人間が
いっしょに曲を書くことで、バラエティ豊かで複雑な曲、アルバムを作れているんだと思う。
メンバー同士がお互いを驚かせるような曲やパーツを出しあっているんだ」

■Track List

  • 01. AEROSMITH / "Lover Alot"

■FLASH & TOPICS

  • 02. MACHINE HEAD / "Sangre Sani"
  • 03. STEVE HARRIS / "The Lesson"
  • ■Interview

    • 04. BETWEEN THE BURIED AND ME / "Astral Body"
    • 05. BETWEEN THE BURIED AND ME / "Bloom"

    ■The Ultimate a la carte

    • 06. coldrain / "No Escape"
    • 07. coldrain / "8AM"

    • 08. 10-FEET / "JUNGLES"
    • 09. G-FREAK FACTORY / "チャンダンの香るこの部屋から~第ニ章"
    • 10. GOOD 4 NOTHING / "Moving Forward"
    • 11. STONE SOUR / "Absolute Zero"
    • 12. MUSE / "Liquid State"

広島FM, FM Aichi & DATE FM(仙台) October 20th On Air
This Week Special:MEANING

MEANING

MEANING/HAYATO(vo,g)& KAWAGUCHI(g) インタビュー

■Track List

  • 01. AVENGED SEVENFOLD / "Carry On"

■FLASH & TOPICS

  • 02. FUNERAL FOR A FRIEND / "Best Friends And Hospital Beds"
  • 03. SOUNDGARDEN / "Been Away Too Long"

  • 04. MEANING / "Infection"
  • 05. MEANING / "Hand"

■The Ultimate a la carte

  • 06. FEAR FACTORY / "The Industrialist"
  • 07. FEAR FACTORY / "Recharger"

  • 08. AXEWOUND / "Blood Money And Lies"
  • 09. STONE SOUR / "Gone Sovereign"
  • 10. ANTHEM / "Evil One"
  • 11. KEN YOKOYAMA / "Don't Make Me Pissed Off, Fuckin' Son Of A Bitch"
  • 12. AEROSMITH / "Lover Alot"

広島FM, FM Aichi & DATE FM(仙台) october 13th On Air
This Week Special:10-FEET

10-FEET

10-FEET/TAKUMA(vo,g,key,bluesharp)

■Track List

  • 01. MEANING / "Infection"

■FLASH & TOPICS

  • 02. DEFTONES / "Lotion"
  • 03. PAPA ROACH / "Still Swingin’"
  • ■Interview

    • 04. 10-FEET / "focus"
    • 05. 10-FEET / "DAVE ROAD"

    ■The Ultimate a la carte

    • 06. AEROSMITH / "Toys In The Attic"
    • 07. AEROSMITH / "Legendary Child"

    • 08. THE LAST VEGAS / "C’mon And Get It"
    • 09. 2side1BRAIN / "YOU SANG"
    • 10. BETWEEN THE BURIED AND ME / "Astral Body"
    • 11. STONE SOUR / "Absolute Zero"
    • 12. AS I LAY DYING / "My Only Home"
    • 13. AXEWOUND / "Victim Of The System"
    • 14. SLAYER / "Raining Blood (Live)"

広島FM, FM Aichi & DATE FM(仙台) october 6th On Air
This Week Special:MUSE

MUSE

MUSE/マシュー・ベラミー(vo,g,key)&ドミニク・ハワード(ds) インタビュー訳

――新作『ザ・セカンド・ロウ ~熱力学第二法則』の、これまでの作品との違いはなんでしょう?
ドミニク「これまで僕たちが作ってきた中でも確実にもっとも多様な作品だと思う。
それは僕たちの持つ奇妙で入り混じった影響のすべてがバンドの中に出たところから発しているんだ。
たとえばオーケストラ音楽だったり、クラシック調のピアノ音楽、あるいはロック、古典的なロック。
それにメタル、部分的にはエレクトロニック音楽だってある。ファンクもだ。
だからまあ、本当にあらゆるものからちょっとずつって感じなんだ。
自分たちの好きなものなら何だってそこからすべて影響を吸収したいし、
それをバンドに持ちきたらすっていうかね」

――新作の製作過程で、新しく学んだことは?
マシュー「今回のアルバムを作る過程で、本当に多く学んだと僕は思っている。
プロデューサーとして本当に多くを学んだな、と。
たとえば僕は今回ブラス•セクション、それに合唱隊向けのスコアの書き方を学んだ。
僕にとっては初体験だったし、色んな奏者たちとその異なる音域、
ダイナミクスの違いを知り、持ち味を活かすべく彼らと仕事するのは素晴らしかった。
あれは本当に大きな学びのプロセスだったと思う。
それに何にでもオープンに接する姿勢、それは僕たちが常に持ってきたものだと思うけど、
その素晴らしさは今回のアルバムで本当に証明されたんじゃないかな」

■Track List

  • 01. FEAR AND THE NERVOUS SYSTEM / "Beautiful Side"

■FLASH & TOPICS

  • 02. FUNERAL FOR A FRIEND / "Juneau"
  • 03. 10-FEET / "コハクノソラ"
  • ■Interview

    • 04. MUSE / "Madness(Radio Edit)"
    • 05. MUSE / "Survival(Radio Edit)"

    ■The Ultimate a la carte

    • 06. AT THE SKYLINES / "It’s Cherried"
    • 07. THE AMITY AFFLICTION / "Life Underground"

    • 08. STONE SOUR / "Gone Sovereign"
    • 09. MEANING / "Infection"
    • 10. AS I LAY DYING / "A Greater Foundation"
    • 11. AXEWOUND / "Vultures (feat. Synyster Gates/AVENGED SEVENFOLD)"
    • 12. GOOD 4 NOTHING / "All Out"
    • 13. ALLiSTER / "Loco-Motion (cover of LITTLE EVA)"

Backnumber Archives

■2012年 9 | 10 | 11 | 12
■2013年 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12
■2014年 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12
■2015年 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12
■2016年 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12
■2017年 1 | 2