FM

August, 2014

広島FM, FM Aichi, FM GUNMA & DATE FM(仙台) August 30th & 31th On Air
This Week Special:DRAGONFORCE

CARCASS

ハーマン・リ(g)

――前作『THE POWER WITHIN』はマーク・ハドソン(vo)が加入する前に制作された
アルバムでしたよね。今回はマークもアルバム制作に参加し、ヴォーカルがより生か
されているのではないでしょうか?

「前作は、マークにとって初めてのアルバムだったからね。だから彼の歌の一語一句す
べてを、僕とサム、そしてフレッド(フレデリック・レクレルク/b)でずっと見張っている様
なところがあった。でも今回はツアーもたくさんやったし、マークもバンドになじんだし、
より自由にやったんだ。ヴォーカルは彼が自分の家にあるスタジオで、ひとりでレコー
ディングした。彼自身の自由度がとても広がったと思うよ」

――以前にくらべると、曲が短くなり、凝縮されたような印象ですね。
「『ULTRA BEATDOWN』では、何もかもがやり過ぎだったと思う。曲も長いし、ソロも多
いし、とにかくクレイジーなアルバムだったね。その後、少しずつそういった部分を抑えて
いくようになってきたんだ。相変わらずクレイジーな要素もあるけど、すべてがコンパクト
に凝縮されているんだ。例えばひとつのパートがあったら、それを半分に切ってから採用
するとかね。同じものを聞きたければ、その曲をもう一度最初から聴けばいいのさ」

■Track List

  • 01. MOBY / "Come On Baby"

■FLASH & TOPICS

  • 02. AMARANTHE / "Afterlife"
  • 03. ANTHEM / "Face The Core"

■Interview

  • 04. DRAGONFORCE / "No More"
  • 05. DRAGONFORCE / "Tomorrow's King"

    ■The Ultimate a la carte

    • 06. GHOST / "Infestissumam"
    • 07. GHOST / "Per Aspera Ad Inferi"

    • 08. SLIPKNOT / "The Negative One"
    • 09. Ken Yokoyama / "Stop The World"
    • 10. KAGERO / "THE FOREST"
    • 11. OPETH / "Elysian Woes"
    • 12. OVER ARM THROW / "Unity! Freedom! Opportunity!"
    • 13. HEAD PHONES PRESIDENT / "The One To Break"

広島FM, FM Aichi, FM GUNMA & DATE FM(仙台) August 23th & 24th On Air
This Week Special:OPETH

CARCASS

ミカエル・オーカーフェルト(vo,g)

――新作ではどんな作風を追求しようとしたんでしょうか?
「最初に書いたのはアルバムの最後の曲“Faith In Others”で、あれが自分のやりたい
ことの方向性を示してくれた感じだった。それは、今回はメロディ部分に焦点を当てると
いうことだった。特にヴォーカル面でね。自分がシンガーだという意識はそれまであまり
なかったけど、シンガーがどういう風に歌うのか、自分の声を探索してみようと思った」

――新作は『HERITAGE』の延長線上にありつつ、OPETHならではのアプローチがあ
りつつ、新しい要素も取り入れていますね。

「ボクにとってパーフェクトなシチュエーションというのは、自分をひとりのミュージシャン
として進化させてくれるだけでなく、バンド全体も進化させてくれるものなんだ。今回はた
しかに今までやっていなかったことをやった。新鮮でエキサイティングに聞こえるものを
ね。ボクたちは結成25年目、このアルバムは11作目。このくらいになると、このバンドの
寿命があとどれくらいか考えるようになるけど、自分が気に入るだけじゃなくて自分自身
を驚かせられるものができると、ほっとするような感じがするんだ」

■Track List

  • 01. RISE AGAINST / "A Beautiful Indifference"

■FLASH & TOPICS

  • 02. MY CHEMICAL ROMANCE / "Fake Your Death"
  • 03. SiM / "Same Sky"

■Interview

  • 04. OPETH / "Cusp Of Eternity"
  • 05. OPETH / "Goblin"

    ■The Ultimate a la carte

    • 06. VELVET UNDERGROUND / "Sunday Morning"
    • 07. THE TEENAGE KISSERS / "Sunday Morning"

    • 08. SLIPKNOT / "The Negative One"
    • 09. GUNSHIP666 / "Kamikaze Fuck You"
    • 10. SikTh / "Flogging The Horses"
    • 11. KEN YOKOYAMA / "We Are Fuckin' One"
    • 12. THE STARBEMS / "King Kong Five"
    • 13. KNOCK OUT MONKEY / "Greed"

広島FM, FM Aichi, FM GUNMA & DATE FM(仙台) August 16th & 17th On Air
This Week Special:OPETH

CARCASS

■Track List

  • 01. G-FREAK FACTORY / "ONE WAY ROCK TRAIN"

■FLASH & TOPICS

  • 02. SLIPKNOT / "The Negative One"
  • 03. NICKELBACK / "Next Go Round"

■OPETH Special

  • 04. OPETH / "The Devil's Orchard"
  • 05. OPETH / "The Lines In My Hand"
  • 06. OPETH / "Cusp Of Eternity"

    ■The Ultimate a la carte

    • 07. TOTALFAT / "Place to Try"
    • 08. Northern19 / "FOOLS LIKE ME"

    • 09. HEAD PHONES PRESIDENT / "The One To Break"
    • 10. KNOCK OUT MONKEY / "Greed"
    • 11. MEGADETH / "Take No Prisoners"
    • 12. GUNSHIP666 / "Goddamn Samurai Jap"

広島FM, FM Aichi, FM GUNMA & DATE FM(仙台) August 9th & 10th On Air
This Week Special:THE AMITY AFFLICTION

CARCASS

THE AMITY AFFLICTION / ジョエル・バーチ(vo)

――新作の制作にあたっての青写真はどんなものでしたか?
「俺たちはレコーディングするにあたって、スタジオに入って何度も曲を磨きあげ
る作業を重ねているんだけど、今回だけ特に違うというわけでもないよ。いつだっ
てベストなものを作ろうとしていて、今回のアルバムも現在の俺たちのベストな
ものを詰め込んだ。ただ、すべての曲を気に入っているのは、今回のアルバム
が初めてのことじゃないかな」

――映画のポスターの様なアートワークと、タイトルの意味を教えてください。
「アルバムタイトルは俺自身のこと、そして俺が感じていることを表している。海
は俺にとって、ある種の自分を癒してくれる場所で、浜辺に行けばいつでも落ち
着くことができる。だから崖の上から海を見つめることで、その男は色々なもの
によって傷付き弱ってしまった心を癒している…というところなんだ」

■Track List

  • 01. DRAGONFORCE / "The Game"

■FLASH & TOPICS

  • 02. THE STARBEMS / "BOYZ OF THE NATIONZ"
  • 03. MEGADETH / "These Boots"

■Interview

  • 04. THE AMITY AFFLICTION / "F.M.L."
  • 05. THE AMITY AFFLICTION / "The Weigh Down"

    ■The Ultimate a la carte

    • 06. SECRET 7 LINE / "SK8 FOR LIFE"
    • 07. THE GAME SHOP / "Rockman's Attack"

    • 08. RISE AGAINST / "The Eco-Terrorist In Me"
    • 09. OLEDICKFOGGY / "浮塵子"
    • 10. KAGERO / "THE FOREST"
    • 11. OPETH / "Cusp Of Eternity"
    • 12. KNOCK OUT MONKEY / "Greed"
    • 13. HEAD PHONES PRESIDENT / "The One To Break"
    • 14. LOKA / "TSUBASA TRIGGER"

広島FM, FM Aichi, FM GUNMA & DATE FM(仙台) Augusut 2nd & 3rd On Air
This Week Special:RISE AGAINST

CARCASS

RISE AGAINST / ジョー・プリンシペ(b)

――結成15年という、もはやベテランの域にいるRISE AGAINSTが新作を制作
するときは、どんなモードになるんでしょうか?

「オレたちにとってはアルバムを出したら2年くらいツアーして、それから6ヶ月くら
いオフを取って、次のアルバムのレコーディングに取り掛かるというのがちょうど
いいサイクルなんだ。このバンド始まって以来ずっとそういう風にやってきた。唯一
の例外が前回で、初めて1年オフを取ろうという気になったけど、基本的にはいつ
もオレたちが心地よい流れで動いているね。あまり長い間スローダウンしたくない、
勢いをそのまま続けていたいんだ」

――新作を介してファンに伝え、そして一緒にシェアしたい音楽的なこと、歌
詞的なこととは?

「オレがひとつだけ求めるのは、時間をかけて歌詞を聴いてほしいということ。誰
かに何かを強制するのは好きじゃないからね。聴くときは、心を開いて聴いてほ
しい。オレの場合、アルバムを隅々まで理解できるようになるには1週間くらいか
かるんだ。だから時間をかけて聴いてくれ。きっと楽しんでもらえると思う。オレ
たち自身とても誇りに思っているアルバムだから、ファンのみんなにもそう思っ
てもらえるはずだよ」

■Track List

  • 01. DRAGON ASH feat. ラッパ我リヤ / "Deep Impact"

■FLASH & TOPICS

  • 02. SLIPKNOT / "Wait And Bleed"
  • 03. 10-FEET / "蜃気楼"

■Interview

  • 04. RISE AGAINST / "The Great Die Off"
  • 05. RISE AGAINST / "I Don't Want To Be Here Anymore"

    ■The Ultimate a la carte

    • 06. TOTALFAT / "Room 45"
    • 07. Northern19 / "START AGAIN"

    • 08. OPETH / "Cusp Of Eternity"
    • 09. AVENGED SEVENFOLD / "Almost Easy"
    • 10. HEAD PHONES PRESIDENT / "The One To Break"
    • 11. KNOCK OUT MONKEY / "Greed"
    • 12. THE TEENAGE KISSERS / "Rain In My Heart And It's You"
    • 13. KAGERO / "THE FOREST"

Backnumber Archives

■2012年 9 | 10 | 11 | 12
■2013年 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12
■2014年 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12
■2015年 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12
■2016年 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12
■2017年 1 | 2