前をまっすぐ見すえ、真摯にメッセージを
伝えるティムのポリシーに迫る!

PUNKSPRING 2015にて、久しぶりに日本の地を踏んだRISE
AGAINST。硬派で男らしいのに、押しつけがましさや説教臭さ
は皆無な、とても力強いパフォーマンスだった。フェスをビシっ
と引き締めてくれたバンドのアティテュードの通り、ティム・マッ
クルラス(vo)がこちらの質問に、熟考しつつ誠実に応じてくれた。
ちなみにティム、発売間近のDONOTSの新作『¡CARAJO!』の
ボーナストラックにゲスト参加しているので、こちらもぜひチェックを。

――新作『THE BLACK MARKET』は久しぶりに日本盤がリリースされた作品で
すし、RISE AGAINSTが日本に来るのも久々ですよね。ライヴをやって、どうでしたか?
「とにかく興奮したよ。以前来たときよりも、みんな歓迎してくれているように感じたね。
すごく熱狂的でクレイジーになって、楽しんでもらっていることがよくわかった」

――しばらく日本に来ていなかったから…ということで緊張したりは?
「いや、緊張よりも興奮が先に立っていたね。PUNKSPRINGは以前も出たことが
あるし、日本にはどうすればまた戻ってこられるのか、理由をずっと探していたと
言えるくらいだったからさ(笑)。僕たちをずっと待っていてくれた昔からのファンは
もちろん、最近RISE AGAINSTを知った新しいファンもいたと思う。とにかく楽しかっ
たし、最高のひとときだったね」

――新作『THE BLACK MARKET』ですが、以前よりも音楽性の幅を広げた作品
でしたよね。この方向性は意図的だったのか、それともキャリアとともにバンドが
成長した証だったのか、どちらだと言えますか?
「自然にこうなったと思う。そもそも僕たちは、“こういう曲を作ろう”と意識して制作す
ることはないからね。だから新作でもみんなでスタジオに入って作業していくうちに、
いつのまにかこうなっていたんだ。アルバムももう6枚も作ってきたから、音楽性も
広がるだろうし、新しいことへのチャレンジもできるようになった。それがすべて現れ
ていると思うんだ。だからこそ、ファンは僕たちについてきてくれたんだろうし、また
こうして日本に来ることもできた。すごくハッピーだよ」

――キャリアを重ね、ハッピーになったことで、音楽への取り組み方やメッセージ
の内容に変化はありましたか?
「うーん、僕自身はハッピーではあるけど、音楽自体はハッピーにはなっていない
よね(笑)。でも僕たちがハッピーに音楽をやれているということは、サウンドに自然
と出ているのかもしれないな。とはいえ、アプローチやメッセージは変わらないさ。
聴いてくれる人や、ライヴを観てくれている人たちにしっかりと届けることは、常に
意識しているよ」

――RISE AGAINSTのサウンドって、激しくてタフじゃないですか。でも、そのなか
でマッチョイズムみたいなものを感じさせないのは、特徴のひとつだと思います。
「ありがとう。僕たちがやっている音楽はパンクロックがベースになっていて…白い
羊のなかにいる一匹の黒い羊というか、“自分はほかのみんなとは少し違うかもし
れないけれど、そのなかでどうやってアイデンティティを確立していくのか”、“どう
やって自分を守ったらいいのか”を歌っているんだ。たしかにヘヴィでタフなサウン
ドかもしれないけど、メッセージやメロディは、みんなが手を取り合って、つながっ
ていけるようなものになっているからじゃないかな」

――それとステージでのティムのMCを聴いていて思ったのが、ほかの出演バン
ドはもちろん、オーディエンスに敬意を払って接している…ということでした。
「そうだね。オーディエンスはとても大切な存在だよ。みんながいてくれるからこそ、
僕たちは活動ができているし、こうして日本にも来られているわけだしさ。そもそも、
僕たち自身もかつてはオーディエンスのひとりだったんだから。それを忘れてはい
けないと思うんだ」

――自分がいちキッズだったときに、ステージに立つ者としての立ち居振る舞いを
教えてくれたり、影響を与えてくれたのはどんなバンドですか?
「僕たちがライヴを観に行ったときに、会場にいるみんなに敬意を払っているバンド
もいれば、そうじゃないバンドもいた。そういった姿勢というのは、なんとなくわかる
ものでさ。人に敬意を払わない最悪なバンドを観ると、“あぁはなりたくないな”と思う
んだよね。さすがに具体的なバンド名は出せないけど(笑)。とにかく、たくさんのい
いバンドも悪いバンドも両方観たうえで、今の考え方が形成されたんだ」

――RISE AGAINSTはとても大きなバンドになりましたよね。でもそうなると、聴い
てくれている人たちにメッセージがどこまで伝わっているのかどうか、不安になる
ことはありませんか?
「たしかに、たくさんの人たちがRISE AGAINSTの音楽を聴いているからといって、
必ずしも全員が僕たちのメッセージに耳を傾けてくれているわけではないことは
理解しているよ。ラジオでたまたま聴いて気に入り、単純に楽しみたくてライヴに
来てくれている人も多いと思う。それは決して悪いことではないしさ。でもだからと
いって何かを変えたりしないし、メッセージを届けることをやめたくはないんだ」

――DEFTONESのチノ・モレノ(vo)が「ダイレクトな言葉だと、逆に細かいニュア
ンスが伝わりにくくなることがある」と言っていたことがあります。やはりメッセージ
性の強い歌詞というのは、書き方や言葉選びなど、「主張の込めかた」が難しい
のではないでしょうか?
「面白い質問だね…。まず曲や歌詞を書くうえで大切なのは、自分たちのメッセー
ジがしっかりと伝わるものになっているかということなんだ。聴いてくれた人がどう
感じるか、はまた別としてね。あまりパーソナルなものにしたり、抽象的な物言い
にしてしまうと、わかりにくくなってしまうと思う。だからアートとしての側面はキー
プしつつ、最終的にはわかりやすいもの、伝わりやすいものにすることを意識し
ているよ」

――加えて、伝え方も難しいですよね。たとえばMCで激しい言葉を投げるばかり
だと、恫喝や説教になってしまう危険もあると思います。でもティムは、あくまで目
の前の人との対話…を意識しているのではないでしょうか?
「ありがとう。君の言う通り、僕たちは観客とコミュニケーションを取ろうとしている
んだ。ステージとフロアの間にある壁を壊して、同じ目線で対話をするように伝え
ることを意識しているのは間違いないよ」

――最後に、新作発売時のインタビュー(GrindHouse magazine Vol.85掲載)
はティムではなかったので、『THE BLACK MARKET』というタイトルの意味や込
めたメッセージについて、改めて聞かせてもらえますか?
「新作は、僕たちがいったいどんなバンドなのか、僕たちを応援してくれている
ファンは、どんなところを気に入ってくれているのか、みんなは僕たちをどう思っ
ているのかという問いかけから始まったんだ。それを考えたときに、僕たちの
音楽に宿っている怒りや悲しみを感じて、共有しに来ているんだと思った。ライ
ヴ会場という空間の中で、お互いのそういった感情を交換し合っているような
感じだね。それを市場になぞらえて、『THE BLACK MARKET』と名付けたんだ」


text by Yusuke Mochizuki
translation by Miho Haraguchi
photography by (C)PUNKSPRING All Rights Reserved.


シェア