冠 徹弥、自分自身、THE冠、そして新作『奪冠』を語る!!

久方ぶりの新作『奪冠』を出し、その発売に伴う“奪冠ツアー2017/2018”のただ中にあるTHE冠の総帥、冠 徹弥に対面取材した。自分にとってこれが彼への初取材となった。

すでにツアーにも出てますけど、久しぶりに新作を出していかがです?
「発売されるまではね、大丈夫かなあと、みんなどう思うかなあとかって心配でね。だけど、いざ発売されていろんな人に聴いてもらうと“よかった”とか否定的な意見も少なくて。まあ2ちゃんねるになに書かれてるかわからないですけど(笑)。作品は自分にとっては子供のようなもの。新作発売とはその子供が巣立っていったような感覚。で、今後ライヴでその子供を育てていかんなと思う」

新作はTHE冠にとっての新しい章のスタートという意味合いってあります?
「そうですね。リスタートと言うか。今までやってきたことを継続はしていますけど気持ちは新たにっていう」

歌詞は100%冠さんが書かれると思うんですけど、曲はバンドで書くとか?
「実は仮のドラムとギターパートは全部ボクが入れ、仮歌も入れ、かつエンジニアさんとアレンジを考えつつ、ある程度バシっとできたものをメンバーに投げ、さらにいいものにしてくれっていう流れです。今回1曲だけ”恐怖のベルが鳴る”をSADSとかでギターを弾いてるK-A-Zが書いてるんですけど。それ以外は全部ある程度自分自身で完成させ、ほかのメンバーたちに渡してますね」

ということは作品のジャケやコンセプトとかも?
「そうなんです」

それはなかなか大変ですね。
「1人じゃ追いつかないときもありますけど(笑)。頑張るしかないという」

歌詞もいわゆる普通のメタルバンドとかラウドロックバンドが書くような内容とは全然違うじゃないですか。よくこの言葉や流れを思いつくなとか感心させられるときがあります(笑)。
「そう言ってもらえて嬉しいです。ありがとうございます!」

冠さん特有のコンセプトの組み方、歌詞の書き方とかってあるんですかね?
「どうなんでしょうね。長くこのやり方をしてきたんで。昔、本当に最初バンドやり始めた頃は格好つけたことを書いてたんですよ(笑)。そういうのに飽き、自分自身のなかからもっと滲み出くる言葉を選んでいこう、っていうことで20年以上前SO WHAT?(1995年メジャーデビュー)というバンドの頃から日本語詞を書き出し、今じゃそれが当たり前になってるんで。コツがどうとかはわからないですけど。フックになる言葉とかはなにかしら書き留めておこうとか。誰も使わないであろう、テーマとかもそうですけど」

初めてTHE冠を聴いていきなり笑ったのが”俺なりのペインキラー”で(笑)。「キャバ嬢に歌歌えるんだったらなにか歌ってくれって言われてJUDAS PRIESTの“Painkiller”を歌ったらドン引きされたっていうアレ(笑)。
「あれは実話です。歌詞にはだいたい6〜7割の割合で実体験が入ってます。前に連れていってもらったキャバクラでね、全然盛り上がらないんですよ、ボクの喋りが(笑)。世代が違ったのか....なんか“歌歌ってる人ならなんか歌って”(声を裏返し、キャバ嬢の話し方を真似をする)って言われ、腹立つから“Painkiller”を歌ったら、周りのお客さんはうるせえって顔するし、どんどん帰っていくし、キャバ嬢は怒りだすしで。しかもあの曲長いし(笑)。それでも歌いきって、ざまあ見ろって。そんなこともありましたね、ありがとうございます(笑)」

冠さんが歌う歌詞って、特に同年代のリスナーたちに響きそうですね(笑)。
「そうですね。普遍的なことも歌ったりするんですけど、たとえば新作でいうところの”待てど暮らせど”とかはサラリーマンの悲哀というか。ボクの友達が40代半ばなんで、子供も育ち小学生くらに。子育てから家庭のことで大変みたいで、そんな話を友達同士で話してて、これ歌にしたいなって(笑)」

歌詞のコンセプトって、毎作毎作ドン!とした太い幹みたいのはあるんですか?
「う〜ん…前はなんか面白いことを書いてやろって奇をてらってた時期もあったんですけど、今は逆にそういうのはなくて。自然に出てきたものに対し、なにを描こうかっていう。だから、社会に対して怒ってる曲もあれば、辛いときに浮かんだ曲とか。”ヘビーメタルで”は単純にしんどいこととか辛いことがあったときに出てきた自分の言葉で。だからいろんな感情のなかで生まれたものなので、一本筋を立ててというよりも、心が動いたものを書き留めたっていう感じです」

これまでに影響を受けてきたアーティストの多くがJUDAS PRIESTをはじめ、PANTERAしかりの洋楽なわけで。だけど歌詞はすべて日本語です。そこまで洋楽からの影響が強いのに英語詞でとぃぅのはないんですか?
「基本、日本語しか喋れないっていうのがあるんですけど、影響を受けたアーティストのそのまんまみたいなことをやると、逆にボクが尊敬してるアーティストから遠ざかる気がして。彼らは自らのオリジナリティを突き詰めてあれをやったわけで。ボクたちはあの音楽性には憧れてますけど、自分がやりたいヘビーメタルを貫いていくことこそ、彼らに近づいていけるんじゃないかな、と思うんです。個性を持ってやらないと。似たようなことをやってもJUDAS PRIESTやPANTERAなどの領域には達しきれない。自分がやりたいことを貫き追いつきたいっていう…」

歌詞自体の面白さ、ときには言葉遊びというものもあると思うんですけど、とてもリアルな題材をスポーンって感じでぶつけてくるんで、そのバランスが1曲1曲のなかでとれてるし、1枚の作品を通してもとれてる。これってスゴいですよね。
「今回の新作ではね、特に絶妙なバランスでできたなったって思っております」

音楽的にもスラッシュメタル調とか、モダンかつヘヴィで重心の低い曲もあれば、ものスゴく繊細でユーモアを感じる明るめの曲もある。
「ボクが好きな音楽が全部詰まってると言いますか。どっちも好きなんですよ。ゴリゴリなスラッシュメタルも好きですし、いわゆるもっと軽快なハードロック的なものであったり、歌もののバラードであったりとか。あとは、ミクスチャー的なものであったりとか、80年代後半から90年代に聴いてたものを、うまいこと全部出せたかなって。新作を通して、うまいこと混ぜられたなって思いますね」

J-POPというかもろ歌謡曲の要素もたくさん入ってる。「ぁ、西城秀樹入ってる!」って思いますから(笑)。昔はそこが音楽的出発点だったんですか?
「ボクが初めてレコードを買ったのは小学校2、3年生の頃だったんですね。渡辺徹の『約束』でしたけど(笑)。それからいろんな音楽を聴き、好きになりました。GODIEGOを聴いてたり、アニメ『銀河鉄道999』(1978年)も流行ってたんで、そのあとどっぷり中森明菜にハマって。松田聖子と中森明菜なら迷わず明菜というタイプの小学生でした(笑)。さらに中島みゆきとかそういうのも聴きながら小学校高学年のとき、MTVみたいなのと出会いましてね。小林克也さんの『BEST HIT USA』でハードロックと出会ったりとか。ヴァン・ヘイレンがヒットチャートの常連だった頃ですね。で、“なんだこの音楽は!? 自分がそれまで聴いてきた歌謡曲とは真逆のカッコよさがある!”となり、それがきっかけでギターを買ったんです。お年玉を貯めてARIA PROⅠⅠを。で、ハードロックと歌謡曲を聴きながらハードロックバンドをやりたいなってっなり、高校んときにSO WHAT?なるTHE冠の前身バンドを組んだんです」



新作、これまで以上にメロが立ってて、サビの部分も特化してますね。
「そうですね。今回歌メロは一番ちゃんとしてるというか。今まではサビがあってないような曲もあったので、しっかりABサビをというか。サビから作った曲も多かったんですよ。いろんなサビを考え、もう何十個も考えてそこから曲にしていったというのもありますし」

新作は非常に完成度が高いですし、曲もスゴくバリエーション豊かですね。最後まで一気に聴き倒すことができる。”冠メロイックサインやめるってよ”って、完全に邦画のタイトルのパロディーですよね?(笑)
「タイトルはね、間違いなくその『桐島、部活やめるってよ』(2010年)から(笑)。 ライヴの後、ありがたいことに“冠さん、一緒に写真撮ってください!”って言ってくれるファンの人たちがけっこういましてね。で、撮るときに“メロイックサインで!”って必ず言われる(笑)。ライヴでしょっちゅうメロイックサインやってるんで無理からぬことなんですけど。で、ホンの一時期なんですけど、“もうええって、メロイックサインして写真撮んの”ってなったことがあって(笑)。だけどその後“自分がまいたタネだな”と気づいて(笑)。で、悔改めようと思い、以降再びメロイックサインをして写真に納まるようになりました。なのでこの曲はある意味決意の歌なんです。一回止めようと思ったこの気持ちをタイトルにした歌なんです」

アハハハハハ!!(大爆笑)
「歌詞を読んでもらうと、ボクはヘビーメタラーとしてメロイックサインを出していくぞということを歌ってることがわかってもらえる。それもニヤニヤしつつ。曲自体はスゴいポップバラード。エンディングにふさわしい、熱い気持ちを感じつつ読んでほしいですね」

もし仮に歌詞とかアティテュードとかに対してどっかからか批判があったとしても、鋭いツッコミを受けたとしてもなんとなくうまく持っていってかわしそう(笑)。
「確かに前はいろいろ言われましたけど、自分的にメタルを面白くしていこうということもやってきましたし、もちろんそれは真剣で、こういうことをもう20年以上もやってるわけですから、もう信念の域ですよね。で、その結果メタルとして認めてやろうっていう大人の生粋のメタラーたちにやっと“冠よ、オレはオマエを認めるぞ”っていう人が増えてきた。それはKNOT FEST2016に出演したりとか、ANTHRAXとMEGADETHと一緒にやったりとかにも表れてると思うんですね。“それだけ長く続けてるんだったら、オマエのメタルは本物のメタルだよ”って言ってもらえたんで“あぁ、よかった!”って。46歳にしてようやく(笑)」

(爆笑)。ご存知の通り、メタルってものスゴくストイックな音楽。これはいらない、これはやっちゃダメ、これはあり得ない、っていうのがほかの音楽よりも断然多い。そうしたなかでいろんな挑戦をしてきて、ギャグのセンスだったり、ユーモアだったり、これ歌ったら叩かれんだろうなってあったと思うんですけど、それでもやっぱり自分のスタイルを変えないどころか、それにどんどん磨きをかけてるってことはそう簡単にはできない。当然今後もその道を極めていくんでしょうけど、冠さん的着地点ってどこなんですか?
「どこにいく…大好きなヘビーメタルと歌謡曲的なメロディの融合。今はずっと突き詰めていきたいなと思うんですけど、もしかしたらどんどんどんどん年をとっていくに従い、本当に歌謡曲歌手になってるかもしれない(笑)。それもムード歌謡みたいな(笑)。メロディを歌い続けたいというのはずっとある。いったいどこまでいくんでしょうね、着地点かぁ…やっぱずっとヘビーメタルやってると思います。」

歌詞でスゴく茶化してるときもあれば、とても真剣に歌ってるときもあって。面白いだけじゃ終わらせないなにかが、どの曲にもあるような気がするんですけど。「それをよくぞ言っていただいた!!」


歌詞の根底には絶対なにかあると。
「うわっ…その指摘嬉しいです。ギャグみたいなことを歌ってるイメージがあるでしょうけど、実は根底にあるのはなにかしらの雑草根性というか、何糞魂というか、なんですね。それは常にどこかにあって。みなそれぞれいろんな苦しみや悲しみを背負ってると思うんですね。だけど楽しんで生きていこう。楽しんで生きてほしい、みたいなことを歌ってるつもりではいる。そこはもう単純に笑っていただいていいんですけど。それを感じていただけたのはスゴく嬉しいです」

今回のツアー“奪冠ツアー2017/2018”の抱負は?
「とにかく楽しみです。ライヴを想定して作った曲も多いんで、どんなふうに盛り上がるか。自分が想像してるノリを作れるのかとかもありますし。普段、ライヴでバラードってやらないんですけど、今回はこれだけツアー日程入れてるんで、やろうと思ってます。そういうときどんなふうに観てもらえるんだろうかとか。どんな空気になるのか。楽しみで仕方ないんです」




文・有島博志
写真・Kana Tarumi