2015.8.19 RELEASE!!
noTOKYO
GrindHouse magazine創刊15周年を記念し、
初の国産バンドのリリース決定!!
CULT OF PERSONALITYおよびsmorgas、元ピンクフラミンゴMGといった
90年代シーンにたしかな楔を打ち込んできたバンドのメンバーが集結し、
2010年に発足したnoTOKYO。彼らの1stアルバムを、メンバーの運営する
FinalCountDownとGrindHouse recordingsのダブルネームでのリリース!!



日本の雑味と純粋
~JAPANESE SWEET AND SOUR~


FCDGHR-001 | ¥2,500 (税抜価格)+税


シェア

  • ■Track List
  • 01. Japanese Sweet And Sour
  • 02. brilliant+hunter
  • 03. freedom freemen
  • 04. ROCK ICON OF THE DEAD
  • 05. (m)other (feat.cathy)
  • 06. YES! newWORLD
  • 07. Chu★Getter
  • 08. n.o. (feat.Nao★, ehi from Who the Bitch)
  • 09. rest of memories
  • 10. LET'S GO! Dreamin'
  • 11. in public DEATH
  • 12. 悪の中の悪
  • 13. TOKYO




■about
noTOKYO...


2010年に元CULT OF PERSONALITYおよびsmorgasの安藤健作(b)とエロパンサー3世(元ピンクフラミンゴMG)が中心となり、発足。健作の以前のバンドメイトである小板良輔(元smorgas)とLINDA(元CULT OF PERSONALITY)が集結し、現在の編成となる。SUMMER SONIC出演経験のあるCULT OF PERSONALITYを含め、様々なバンドで経験を積んできた百戦錬磨のメンバーによるサウンドは、80~90年代において確立されたミクスチャー/オルタナティヴ・ロックの現代的にアップデートしたもの。跳ねるファンク・グルーヴに鋭いギター、役者としての経験も持つLINDAの変幻自在なヴォーカルで、聴く者を圧倒する。地道なライヴ活動を行いながら作り上げた1stアルバム『日本の雑味と純粋 ~JAPANESE SWEET AND SOUR~』は、日本の、そして東京の理想と矛盾を彼らなりの発想と音楽で表現したアルバムとなっている。その『日本の雑味と純粋 ~JAPANESE SWEET AND SOUR~』リリースにあたって、これまで洋楽アーティストのみをリリースしてきたGrindHouse recordingsがバックアップ!メンバーの運営するFinalCountDownとのダブルネームにてリリースが決定した!!



■GrindHouse Recordings