“今”をアグレッシヴかつハイブリッドに
体現した最強にして最狂なツアー・ファイナル!

ANGRY FROG REBIRTH
July 19th, 2014 at Shibuya Club Quattro, Tokyo

6月11日にリリースした1stフルアルバム『BRAVE NEW WORLD』を引っさげ、
約1ヵ月にわたって“BRAVE NEW WORLD Tour2014-9 Cities-”を展開した
ANGRY FROG REBIRTH(AFR)。そのファイナルとなる渋谷CLUB QUATTRO
公演が7月19日に開催され、CRYSTAL LAKE、a crowd of rebellionといった
盟友を迎え、熱狂のうちに幕を閉じた。
結成からの約4年間のすべてを詰め込んだという今作で、メタルコア/スクリー
モ界の新たな旗手としての存在感やポテンシャルを改めて見せつけたAFR。
もちろんチケットも売り切れとなり、ツアー全公演のソールド・アウトを達成した。

AFRの晴れ舞台を盛り上げようと各ゲスト・バンドもテンションの高いライヴを展
開。フレンドリーかつ変幻自在なステージでこの日の起爆剤となったヒステリック
パニックに始まり、無骨なエモーションを軸にアグレッシヴな側面とキャッチーな
側面が交錯したa crowd of rebellion。CRYSTAL LAKEは一挙手一投足に含
蓄すら感じられるパフォーマンスで終始攻め、THREE LIGHTS DOWN KINGS
もハイブリットなサウンドで場内を煽動してライヴハウスをラウド・ディスコに変え
たと言える。
そんなバンドに対し、オーディエンスも時に手を上げ、時にモッシュと激しく共鳴。
主役の登場前からクライマックスと思えるような瞬間が何度となくあった。加えて
は、セット・チェンジ時にDJ陣がかけるご機嫌な楽曲の数々に場が盛り上がるな
ど、シーンがファンベースでしっかり機能していることを改めて体感したライヴだっ
たこともここに記しておきたい。

満を持してAFRのステージが始まる。暗転とともに場内が歓声に包まれ、バックド
ロップが照明によって浮かび上がり、ステージが赤く染まる。U(vo)が手を挙げると、
オーディエンスも呼応。「行こうぜ渋谷!」とU。ライヴは“SUNDAY SILENCE”でス
タートし、のっけから観客をいったん座らせてジャンプさせたり、「声出せ!」の音頭
に大合唱が起こったりとバンドとフロアの関係は緊密。それこそ一緒になってレッド
ゾーンなテンションの先にある「BRAVE NEW WORLD」な風景を目指すかのよう
だった。

“ペケポン”“Bright Foot”“TORUS”… アグレッシヴかつハイブリットなダイナミズム
で快調に飛ばしていくAFR。音源として慣れ親しんだ楽曲も実際の演奏によってま
た激しさやスリリングさが増し、より情感的に響いてくる印象。オーディエンスもそれ
までに4バンドの濃密なライヴをこなしてきた疲れを感じさせずタフにバンドと渡り合
った。
事実、ひとりまたひとりと肩車されたオーディエンスが次の瞬間に土石流となってス
テージへと押し寄せる様は5バンド中で最も荒々しく、“SUMMER DAY”ではAFR流
ウォール・オブ・デスということでフロアを左右に分かれた観客がぶつかり合う…の
ではなく相撲を取るという「ごっつぁんDEATH」も。Uの手には行事が持つ軍配団扇。
カオスと化すフロア。だが、同時に楽しくポジティヴな空気が場内を占めていたのも
事実であり、それも等身大でファンや仲間と繋がろうとするAFRの姿勢の表れだと
肌で感じた。

常にハイテンション状態でフロアを煽動するU。胸に迫る歌声とともに、どこか憎め
ないキャラの池田直樹(g,vo)。その場その場のエモーションを指先に込めるMaru(g)。
随所でステージ前まで出てきてオーディエンスのパワーに対するroku(b)。その後
も次々とテーマパークのアトラクションを思わせる楽曲が繰り出されていった。
そんな中、熱くなった心身をクールダウンするように優しく温かく響いたのが“U & I”。
ありきたりな日常の中からこぼれ落ちた感情を訥々と語りかける池田。手を左右に
振って「♪ウォウウォーー、ウォウウォーー♪」と合唱するオーディエンス。その表情か
らは池田の言葉のひとつひとつに自らの日常を重ね合わせている様子が見て取れ、
個人的な心の呟きに過ぎなかったものが、普遍的な歌としての命を与えられる瞬間
を目の当たりにしたような気分になった。手を広げて照れくさそうに笑う池田。そして
「みなさん、手を挙げてください」と熱っぽく語りはじめ、要領よく目立つヤツばかりが
認められる世の中にあって、それでも自分を持って手を挙げ、自らを主張していこう
と。バンドと観客の気持ちがひとつつになり、サビのメロディに合わせて揺れる観客
の手、手、手…。筆者自身も明日へと自らを鼓舞する気持ちになり、胸がいっぱい
になった。

本編ラストは“EMILY”。だが、一度勢いが付いてしまったのか、曲に入る前に池田の
口からこのQUATTROに至るまでのいろいろな思いが堰を切ったように溢れ出した。
正直、早口で捲し立てるので細かいニュアンスまでメモすることはできなかったが、自
身へのマイナスな反応には死にたいと思ったこともあったという。とはいえ、次第に音
楽で飯を食っていきたいといった自分の思いよりも、ファンのためにステージに立ち、
曲を作り、歌いたいと考えるようになり、「お前たちのため、全国のファンのためにここ
(QUATTRO)に来たかった」と語った。そして「誰か大切な人のために歌ってください」
と言い、歌いだした瞬間、心の奥にしまい込んだ感情がうごめき出すのを感じたのは
自分だけではないはず。フロアにはこの日いちばんの土石流が発生。濃密なエンディ
ングに、メンバーも満足げな表情でステージを後にした。

アンコールは、rokuが「連れを紹介しようか」とメンバーをひとりずつ呼び入れるとこ
ろからスタート。最新作のレコーディングと同じく池田がドラムを叩いての“SUNDAY
SILENCE”の一部を聴くことができたのは貴重だった。
その一方では、どこか打ち上げ(?)モ-ドで池田が1月に発覚した若年性糖尿病に
ついて熱弁する場面も。ゲスト・バンドの挨拶の際には、翌日に地元新潟でのレコ
発ライヴを控えたACORに対し、「観に行くから」と池田。結局、その場のノリでAFR
も参戦することとなり、実際にライヴも行っている。

そしてダメ押しは“Tonight”。山手線モッシュやろうぜ! 行こうぜ渋谷!」とU。するとフ
ロアには大中小と三層になったモッシュの輪ができ、ジェットコースターのような曲に
呼応する。ステージに「上がってこい!」と煽る池田。場内の熱狂的な光景に笑顔を見
せるMaru。気づくとUはフロアの人海に体を預けていた。
このツアーを締めくくるにふさわしい最強にして最狂のクライマックス。熱っぽい余韻
に体が火照る中、観客との記念撮影でライヴは終了。ゲスト・バンドを含めて約4時
間半と長丁場で濃い夜だったことは言うまでもない。
なお、この日の模様は10月8日にリリースされる初のDVD作品に収録。9月10日から
は千葉LOOK公演を皮切りに来春まで続く“『BRAVE NEW WORLD』Tour 2014~
2015 -1都1道2府43県-”もスタートする。月並みな言い方だが、今後ますますAFRか
らは目が離せそうにない。


text by Tsunetoshi Kodama


シェア