「次」を目指して突き進み続ける
HEAD PHONES PRESIDETのツアー初日!!

HEAD PHONES PRESIDENT
August 8th, 2014 at Shinjuku Marz, Tokyo

新作『Disillusion』で、果敢に新しい領域へと挑戦。そしてその賭けに見事
勝ったHEAD PHONES PRESIDENT(HPP)。彼らがやはりただものでは
ないことがハッキリと証明されたわけだが、やはりその神髄はライヴにあり。
「Disillusion release tour」の初日である新宿MARZ公演で、それをたっぷ
りと堪能させてもらった。ちなみにこの日を対バンとして彩ったBOLD FAT
MISSILE、VIGILANTE、IN FORTHE KILL、Angersらは、どれもHPPのメ
ンバーが自ら声をかけたとのこと。そういった部分からも、彼らの並大抵で
はないこだわりが感じられた。

そして幕を開けたHPPのライヴは、明らかにこれまでとは違ったものだった。
ダークなエレクトロニクス音がSEとして流れ出し、ステージにかかった薄い
黒幕がゆっくりと開かれる。そしてメンバーがひとりずつ登場。最後にANZA
が舞い出るとともに「用意はいいか!? 新宿!」と笑顔で声を上げる。その発
言ひとつに驚いていると、すぐさま“The One To Break”を放ってきた。グリ
グリとねじりこむような低音と、華麗なギターソロや開放感のあるメロディが、
ステージから覆いかぶさってくる。
曲が終わるや、ANZAがすぐさまMCを入れる。無事に新作をリリースを迎え
たことへの感謝と、この新作をもっての次なる展開に期待してほしいと、意気
込みを語った。
そして“I Mean It”、“Breeze”を続けざまに披露。バウンシーなリズムが特徴
的な前者から、ドゥーミーな要素を持ちつつ、舞い上がっていくようなメロディ
が印象的な後者で、流れをより大きくしていく。もともと技術的には長けてい
るバンドなだけに、新曲ばかりといえど、出音のクオリティはたしかなもの。
踊るような、パントマイムのようなANZAのパフォーマンスも、器用に声色を
変化させる歌声も上々だ。

ここまでで特に気になったのが、バンドが積極的にフロアと交流を持とうとし
ていること。ギタリストがHiroのみとなり、編成がシンプルになったあたりか
らその傾向はあったし、『Stand In The World』とともに、それはどんどん強
くなっていった。とはいえ、ステージに登場するやいきなり観客を煽ったり、
“I Mean It”の中盤、Narumi(b)がソロ的にスラップを見せるところでは「オイ! 
オイ!」とコールを求める等、バンドは以前よりも積極的に、かつフレンドリー
になっているように感じた。
またANZAによる呪術的な詠唱を経ての“A New World”では、Hiroがステー
ジ中央のお立ち台に上がり、ギターソロを思い切り弾いてみせる。いい意味
で魅せるステージングになっているというか、ショウマンシップが出てきてい
るのだ。
以前からインタヴューで、意識の変化は強調してきた彼らだし、ANZAもこの
夜のMCで「先輩たちがまだまだ現役で頑張っている以上、自分たちもここで
倒れるわけにはいかない」と言っていただけのことはある。いつまでも暗い、
閉じた世界でのたうっていても、消耗するだけだ。健康的にバンドを続けるだ
けでなく、シーンへの貢献のためにも、自分たちの軸をブラすことなく、新しい
世界へと飛び出していくことを選んだのだ。

さすがに新作の曲を主軸に据えて固めたセットだったが、ここで前作『Stand
In The World』から“Rainy Stars”で、“Miss You”へとなだれ込んでいく。より
スケール感の大きくなったバンドの底力をアピールするなか、ANZAは曲中で
泣いているような表情で高らかに歌い上げた。このエモーショナルかつシアト
リカルな、孤高ともいえる世界観を表現して見せるのも、HEAD PHONES
PRESIDENTがもともと持っていた魅力のひとつだ。この昔ながらの表現も
しっかりと見せることで、バンドの根っこは変わらず、むしろ表現の幅を格段
に広げたことを思い知らされた。

そして“Stand In The World”(ここでも観客を煽りまくる)で本編を締めたあと、
時間があまりないこともあって、アンコールに“My Name Is”1曲だけをプレイ
し、この日は幕引きとなった。
トータルで9曲、およそ40分と決して長くはないセットで、必殺技の“Chain”も
なしにも関わらず、今の彼らを凝縮した、とても見応えのあるライヴだった。
欲を言えば、楽器の交換やチューニングで曲の間が若干間延びしていた感
があったので、そこが惜しかったか。
繰り返しになるが、彼らがかなりドラスティックな変化へと向かっていることに、
改めて驚いた。ここから海外遠征も含めた長いツアーで、この方向性が板に
ついていくだろう。HEAD PHONES PRESIDENTが、これからどんな世界を
描ききってみせるのか。まだまだ彼らの新しい道は始まったばかりなのだ。


text by Yusuke Mochizuki
photography by SIWOMI


シェア

▲ TOPへ戻る  ◂前の記事へ/ ▶次の記事へ