SLIPKNOT、KORN、LIMP BIZKIT、
PAPA ROACHらによりロック・フェスの
新たな伝説が誕生!!

KNOTFEST JAPAN 2014
November 15 & 16th, 2014 at Makuhari Messe, Chiba

SLIPKNOTの主催する「絶狂のダークカーニバル」がついに日本上陸。KNO-
TFEST JAPAN 2014として11月15、16日の幕張メッセに、彼らとともに内外の
精鋭全24組が集結した。マキシマムザ亮君の髄膜炎のため、マキシマム ザ
ホルモンが出演キャンセルになってしまったのは残念だったが、両日ともAとB
の両ステージを交互に使いながら約10時間に及ぶライヴを展開。もちろんチ
ケットはソールドアウト。それもメンツを考えれば当然なのだが、新展開を迎え
たSLIPKNOTを早く肌で感じたかったというファンの思いも強かったと思う。
そんな2日間をここに徹底レポート。正直、オールスタンディングで立ちっぱな
しだった後の月曜日は、余韻として全身が筋肉痛。一瞬金縛りにあったかと
思うほどだった。

まずは初日、coldrainから参戦した。OZZFEST JAPAN 2013では「海外の
バンドに日本の凄さを見せてやる!」とばかりに気迫のこもったステージを展開
した彼ら。今回もこのフェスにかける気合が息づくとともに、ライヴで叩き上
げてきた自負や貫禄が見て取れ、圧倒的な求心力で場内を扇動。
そして「ライヴハウスから来ました」(HAYATO/vo,g)と無骨にスタイルを貫き、
少なからずアウェイな空気をカオスへと変えていったのがMEANING。HAY-
ATOはステージを降り、オーディエンスの前で渾身の咆哮。その後も観客の
中に分け入って、魂の叫びをぶつけていった。バック陣はその間もステージ
上でアグレッシヴに男気溢れる演奏を展開。心を鷲掴みにされるライヴであ
り、戦争や原発に対するHAYATOのフラットな主張も心に響いた。

LAMB OF GOD(LOG)は約2年半ぶりの来日。改めてプリミティヴなランディ・
ブライズ(vo)をフィーチャーしてのダイナミズムは、濃密にしてスリリングのひ
と言。攻撃性とその抑制とが織りなすサウンドにゾクゾクと快く心をかき乱され、
さらには解放される約40分だった。
それこそランディは、本能のままにやり散らかすといった印象。ウィル・アドラー
(g)の顎をさすってシャウトし、「Make some fxxkin’ noise!」などと扇動的だ。
加えては「オス! コンニチワ」「カンパイ!」と片言の日本語で人懐っこい一面
を垣間見せ、ジョン・キャンベル(b)とふざけあうような場面もあった。
ねちっこく、フラッシーなソロで胸を熱くするマーク・モートン(g)。全身の気迫
を指先に込めるかのようなウィル。ラストは“Black Label”で、スクリーンには
おしくらまんじゅう状態のフロアが映し出された。
「ドウモアリガトウゴザイマシタ!」と深々お辞儀するランディ。熱っぽい余韻の
中、いつまでもLOGコールは続いた。

SiMは、この日出演した海外勢からの影響を昇華した日本のバンドとしての
自らを体現。MAH(vo)も海外のバンド目当てのオーディエンスと日本のバン
ドを観に来た観客との架け橋となるべく熱く語り、「日本のシーンをここから
変えていこう!」と呼びかけた。そんななか、筆者もオーディエンスの人海に
巻き込まれながら、このフェス開催にあたってSLIPKNOTのショーン・クラ
ハン(per)が語った「文化の交流、これは本当に重要な事だ」というコメント
を思い出していた。

続いては、個人的にもめちゃくちゃ楽しかったPAPA ROACH。実にLOUD
PARK 09以来の来日となったが、エモーショナルかつ人懐っこいダイナミ
ズムに自然と体が反応し、ジャコビー・シャディックス(vo)もフランクな佇ま
いで場内を揺動。絶狂のダークカーニバルなどと評されたKNOTFESTに
あり、「一緒になって盛り上がろう!」といったヴァイブスを根底にしたライヴ
巧者の貫禄を改めて見せつけた。
ライヴは“Getting Away With Murderでスタート。カラッと低音の効いたグ
ルーヴとともに、バンドはオーディエンスとひとつになっていく。“Blood Br-
others”ではジャコビーがステージを降り、ONE OK ROCK目当ての観客
が集まるAサイド側のフロアまで足を延ばす場面も。ここらへんも百戦錬磨
の妙なのだろう。本国USでは来年1月リリースのニューアルバム『F.E.A.R』
からいち早く新曲も披露され、親しみやすくノリのいい曲調には場内から自
然と手拍子が起こった。
次は5年ぶりのフェスとは言わず、新作を引っさげた単独公演でご機嫌な
パフォーマンスを楽しみたいと思う。

そして相変わらずクセ者だったのがLIMP BIZKIT。そもそもフレッド・ダー
スト(vo)からして何を考えているのかを表情から読み取ることができず、
パフォーマンスもどこまでが演出でどこからが突発的なものなのか最
後まで分からなかった。“Pollution”などはイントロのみで終了。ラストも
ラストで、気がつくとフレッドは場内にかかるBEE GEESの“Stayin’ Alive”
に乗って踊っており、狐につままれた感覚になった。
そういった次の瞬間には何が起こるのか分からないといったスリリング
さの一方で、“My Generation”“My Way”など一時代を築いた楽曲もしっ
かりプレイ。バンド内の状況はわからないものの、演奏そのものはお互
いの歯車が噛み合ってのLIMP節でヘヴィかつ軽快に迫ってくる。
お馴染みのメドレー・コーナーでは、やはりGUNS N' ROSESやRAGE
AGAINST THE MACHINE等を皮肉交じりにプレイ。さんざんリクエスト
を募っておきながら、結局演奏したのが“Faith”というのも、また彼ららし
かった。

なお、トリのSLIPKNOTは、2日目との合わせ技で最後に触れたいと思う。
まぁ、これは余談だが、屋台で初めてスムージーなるものを買って完全
にハマったのもこの日だった。

続く2日目。ちょうど昼過ぎということもあり、まずは会場の内外にある
屋台で腹ごしらえ。KNOCK OUT MONKEYへと向かった。ライヴ中、
w-shun(vo,g)は「昨日はみんなと一緒にグッズの列に並んでLIMP
(BIZKIT)のCDを2枚買い、PAPA ROACHで泣きました」とMC。彼ら
もこのフェスに出演した海外のバンドからの影響を昇華した日本のバ
ンドとして意気込み、自らの「今」をステージにぶつけた。最後の“HOPE”
で「その場で飛んでください!」とw-shun。手を挙げながらの観客のジャ
ンプは、地面が激しく隆起と沈降を繰り返すようだった。さらに亜太(b)
も「ジャンプ! ジャンプ!」と扇動。最後のw-shunの「SLIPKNOT、(今
は亡きSLIPKNOTのベーシスト)ポール(・グレイ)に感謝!」という一言
も、胸を熱くした。

そして両日を通してイベントの台風の目となったのが、FIVE FINGER
DEATH PUNCH(FFDP)。ライヴ開始前から外国人を中心に待ち切
れないといった「DEATH PUNCH」コールや手拍子が起こり、登場し
て日の丸を掲げたアイヴァン・ムーヴィー(vo)にも熱狂的な歓声が集
まった。もちろんバンドも、2013年に米軍基地での慰問ライヴのため
に来日しているものの、公にはSUMMER SONIC 2009以来の日本
で気合十分。PAPA ROACH同様、叩き上げのライヴ巧者として場内
を沸かせ、我が国での評価を新たなものとした。
それこそ「そっちだとよく観えないだろう? 悪いね」と、アイヴァンがIN
FLAMES待ちの観客が集まるBステージに移動してしまうあたり手慣
れているし、機知に富んでいると思う。彼はまた随所で場内を自らの
パフォーマンスに巻き込むように扇動。特にオーディエンスをステー
ジに上げた“Burn M.F.”でのサビのやり取りでは、バンドと場内のエ
モーションが激しく共鳴した。
終盤も「あと1曲」と言いつつ、「ここはあえてルールを犯そう。あと2曲
だ」とアイヴィン。ここらへんも心憎く、最後は場内のあちこちで携帯
電話のディスプレイ等の光が揺れる“The Bleeding”で締めくくられた。

WAGDUG FUTURISTIC UNITY(WDFU)は、ビルドアップされた肉
体のダイナミズムとエレクトロな高揚感が、協調とせめぎ合いを繰り
返して刺激的。圧倒的な貫禄と凄みで、根源的なハードコア魂をま
ざまざと見せつけた。激しく交錯するKYONO(vo)と、YOSSY THE
CLOWN(performae)のエモーション。その横ではKenKen(b)が重
低音を鳴らしながら、不敵な面構えで場内に睨みを利かせる。
KNOTFESTということで、WDFUの原点となったSLIPKNOTのシド・
ウィルソンとのコラボ曲“HAKAI (Deathtroy)”も披露。約30分はあっ
という間だった。

TRIVIUMは、昨年のLOUD PARK以来の来日。マシュー・キイチ・ヒー
フィー(vo,g)も「メタル・カントリー、そしてホーム・カントリーにまた戻っ
てくることができた。ありがとう!」とMC。オープニングからフロアにモッ
シュ・サークルをアピールするなど積極的に攻め、正統派のメタル魂
を「今」に昇華したアグレッシヴさと叙情性、ひいてはストイックな姿勢
を改めて印象づけた。
新旧を織り交ぜたパフォーマンスが続く。渾身のシャウトはマシュー。
野生の咆哮はコリー・ビューリュー(g,vo)。パオロ・グレゴリード(b)も
そこここでオーディエンスを煽り、場内の反応の良さにはマシューも、
メタル界の若大将な笑顔を見せた。
終盤、“Anthem (We Are The Fire)”は、マシューが「みんなに捧げる」
とプレイ。痛快なヘヴィ・サウンドとともに、バンドと観客の思いが、コー
ル&レスポンスに交錯した。“In Waves”で熱狂的に終了ライヴは、濃
密な時間だった。

続いては転換時からして場内がカオスな盛り上がりを見せたMAN
WITH A MISSION。本番でも人懐っこくエモーショナルな楽曲、そ
して飄々と憎めないパフォーマンスにヒートアップするオーディエン
ス。フロアはバンドの一挙手一投足に呼応する人海に化し、筆者も
その波に飲み込まれ、メモを取るのにひと苦労した。“distance”に
は、昨年のOZZFESTと同じくリミックスを手がけたシドが参加。DJ
Santa Monica(dj)とバトルを繰り広げ、さらに観客を熱くした。

KORNは、ヘッド(g)が正式メンバーとして復帰してから初の日本。
最新アルバム『THE PARADIGM SHIFT』(2013年)でもずっと欠
けていたパズルのピースがようやく埋まった感が強く、KORNたら
しめるダーク&ヘヴィにして濃密なグルーヴを再認識。饒舌な各人
のエモーションが空間を埋め尽くすように交錯して生まれる、圧倒
的な重量感と力業に抗うことは不可能だった。
瞬発的に感情をむき出したにしたかと思うと、次の瞬間には「Let
me hear you!」と場内と繋がろうとするジョナサン・デイヴィス(vo)。
その両サイドではヘッド、マンキー(g)、フィルディ(b)が体を屈めな
がらレイ・ルジアー(ds)の叩き出すビートに全身を合わせ、硬質
で妖しくうねるグルーヴを作り出していく。それこそ一発目の音が
鳴った瞬間から、メンバー同士の化学変化が見て取れ、底知れぬ
凄みにただただ翻弄されるばかりの快感を味わった。
“Twist”“Good God”、METALLICAの“One”“Shoots And Ladders”
など、時代を作った往年の楽曲、ダイナミズムが改めて心を揺さぶる。
酸いも甘いも噛み分けた牽引車の貫禄と、進&深化に対する飽くな
き姿勢が合致しての新たな黄金期を強く印象付けたライヴだった。

そして初日、2日目とトリを飾ったのは、このフェスの主催者である
SLIPKNOT。ポールの死や、ジョーイ・ジョーディソン(ds)の離脱を
経た5thアルバム『.5: THE GRAY CHAPTER』リリースから1ヵ月
での来日となり、同作はオリコンの週間総合チャートで1位を獲得
する一方、賛否両論も呼んだ。それだけに、最新作で示された今
後の方向性がライヴにどう具現化されるのか、さらには未だに明
かされない新ベーシスト、新ドラマーの正体は誰なのか。この2日
間には熱い視線が注がれた。
ライヴ前から人海と化したフロアは、スクリーンにSLIPKNOTのロ
ゴが映し出されると一気に熱狂の渦に。静かに期待を高めるSEの
“XIX”に合わせ、場内のあちこちでメロイックサインが揺れる。そして
暗黒のスペクタクル・ライヴは“Sarcastrophe”でスタート。ステー
ジを隠していた幕が開くと、ビル3階分くらいの高さにまでリフトアッ
プされた両サイドのパーカッションにまずビックリ。地獄への入口と
いったステージ・セットも、絶狂のダークカーニバルにふさわしかっ
た。
今までのSLIPKNOTと言えば、ジョーイのドラムを原動力に大人数
の力業でこちらを巻き込むとともに、常にステージ上のどこかで何
かが起きているといったスリルがライヴの持ち味だった。そういった
意味でKNOTFESTは、大きな変化の中で新たなベクトルへと向か
おうとする過渡期のステージを観たような気がした。
新たにバンドの屋台骨を支えることになったドラマーが腕利きである
ことは、今回のイベントが証明。例えばKORNなどはレイの加入に
よってビートの自由度を増したように思うが、SLIPKNOTもジョーイ
とタイプの違うドラマーと新たなダイナミズムをどう練りあげていくか
楽しみである。
その一方では、エンターテインメントショウとしてキッチリ観せるのも
またSLIPKNOTだ。コリィ・テイラー(vo)は日本語を交えながら場内
を扇動するとともに、随所でファンへの感謝を言及。パーカッション
の上で体を激しく揺らすショーン、クリス・フェーンにはおっかなびっ
くりな気持ちになり、気づくとシドもリフトアップされたショーンのパー
カッションの上に。また、ショーン、クリスが鼓笛隊のようにスネアや
タムを打ち鳴らす“Psychosocial”なども楽しく、ショーンは客席に
入っていって場内をさらにヒートアップさせた。やはりSLIPKNOTの
ライヴは、目が離せずスリリング。最後は両日とも「ナカユビタテロ!」
「トキオ、トベ!」(コリィ)でバンドとオーディエンスがひとつになった
“Surfacing”でカオスなエンディングを迎えた。


text by Tsunetoshi Kodama


シェア