ベテランから若手まで、国内外の人気バンドが集結! 
毎年恒例、クリマン春のパンク祭り!!

PUNKSPRING 2015
March 29th, 2015 at Makuhari Messe, Tokyo

1曲目の「RIOT」からPUNKSPRINGにふさわしい疾走ナンバーをたたみかけ
た神戸の暴れ猿ことKNOCK OUT MONKEY。「かかってこいよ!」と、いつも
クールな亜太(b)がいきなり雄叫びを上げたことからもこの日のステージに臨
むバンドの気合は十二分に感じられた。「曲知らんでもいいから後ろまで踊れ!」
とw-shun(vo,g)も曲の合間にオーディエンスを煽る。ステージ前の興奮が徐
々に広がっていき、レゲエ・パートが心憎い中盤の“Paint it OUT!!!!”では合唱
が沸き起こった。「ライヴハウスだと思って、今日一日、全力で騒いでください」
とw-shunが言ったとおり、そこは巨大なライヴハウスと化していた。そして、
彼らは“How long?”からまた疾走ナンバーをたたみかけ、ダメ押しでオーディ
エンスを暴れさせた。

サウス・ウェールズからやってきた4人組、SKINDREDはバックボーンにレゲ
エを持つミクスチャー・ロック・バンド。ラップをたたみかけ、モッシュを誘うタテ
ノリとラテンのリズムを忍ばせ、オーディエンスを踊らせるヨコノリを巧みに使
いわけながら盛り上げるステージングは、まさに20年以上のキャリアを誇る
ベテランならでは。それに加え、客席を2つに分けて、声の大きさを競わせた
り、オーディエンスをしゃがませ、合図とともにジャンプさせたり「上着を脱げ!」
と呼びかけ、その上着やタオルを振り回させたりしながら、オーディエンスの
参加意識を高め、熱狂を作り出す黒人フロントマン、ベンジー・ウェッブの人
心掌握術の鮮やかさと言ったら。日本における根強い人気も納得だ。

もはやパンスプの常連と言ってもいいTOTALFATは1曲目の“Room 45”から
キラーチューンをたたみかけるという濃厚なセットリストで、キッズたちをノック
アウトした。和風のメロディと祭囃子のリズムが新境地をアピールした“夏のト
カゲ”をいきなり2曲目に披露。「祭」という文字が鮮やかにデザインされた無
数のタオルが会場中に翻る景色はまさに壮観の一言。さらに“Place To Try”
“Party Party”の2連打で大きな盛り上がりを作ると、自分たちが初めて参加
した2008年のパンスプのヘッドライナーがランシドだったことを振り返り、そ
のランシドと今回、また共演できたことで、「バンドを始めた純粋な気持ちを思
い出した」(Shun/vo,b)としみじみ語った。まさかその言葉が7月に原点回
帰をテーマにしたアルバムをリリースする布石だったとは。それを思えば、ラ
ストの“Good Fight & Promise You”に応え、オーディエンスが作った特大
サークルピットはメンバーたちにとって、一際、感慨深かったにちがいない。

MAH(vo)の人を食ったようなMCが好きだ。それもSiMのライヴの見どころ
のひとつだと筆者は考えている。何年か前、パンスプに出演した際、「(主
催の)クリエイティヴマンさん、もっと持ち時間ください!!」とMAHは言った。
今日は何を言うんだろうと楽しみにしていたら、今回は多大なる影響を受
けたランシドと同じステージに立つせいか、1曲目の“Get Up, Get Up”から
アッパーな曲をたたみかけ、オーディエンスにツーステップを踊らせながら、
中盤やっと言ったのが、ランシドに出会ってからレゲエを聴くようになったと
いう彼らへの想いだった。
「SiMのファンはRANCIDを見て帰ってください。楽しい一日にしましょう」
 MAHはそう語ると、「RANCIDがやっているレゲエとは違うけど」と自分た
ち流のレゲエ・ナンバーと言える“Gun Shots”をたぶんRANCIDへのリス
ペクトを込めながら披露。そして、「パンスプの気合を見せてみろ!」とウォー
ル・オブ・デスを求めると、ハードコア・ナンバーの“f.a.i.t.h”を最後にお見
舞いし、いつもよりも神妙かつ、いつも以上に真摯なライヴを締めくくった。

因みに今年もPNKUSPRINGはBLUE STAGEとRED STAGEの2ステージ
制。片方のステージの演奏が終わると、10分ほどで逆のステージで演奏が
始まる。そのテンポの良さがあまり時間を感じさせないのだが、気がつけば、
すでに後半戦に突入。「コンニチハ。トーキョー!」とステージに飛び出してき
たRISE AGAINSTは、まさに質実剛健という言葉がふさわしいメロディック・
ハードコアを次々に演奏していった。このストレートなサウンドが踊りたい今
の若い子たちに受け入れられるのかとちょっと心配していたが、早くも2曲目
の“Give It All”からティム・マックルラス(vo,g)が客席に飛び込む熱演が歓
迎され、いつの間にか、会場内はこの日一番の人の数(だったと思う)。
 しかも冷やかしと思しき客の姿は見えず、誰もがステージの4人を凝視し
ている。16年のキャリアを誇るベテランには違いない。しかしRISE AGAINST
が日本でこれだけ――バンドの熱演に応え、特大のサークルピットができ
るくらい人気があったなんて、正直、うれしい驚きだった。

そんなRISE AGAINSTとは逆に『崖の上のポニョ』の主題歌を出囃子にス
テージに出てきたZEBRAHEADは楽しさ満点のパフォーマンスでオーディ
エンスを笑顔にした。“Hell Yeah!”から“Anthem”までグレイテスト・ヒッツと
言える曲を並べ、その間に8.6秒バズーカーの「ラッスンゴレライ」や「チン
チンビンビンボクダイスキ」のシンガロングを挟み込み、さらには“Devil On
My Shoulder”ではみんなが予想していたとおり(?)MAN WITH A MISSION
のJean-Ken Johnnyとの共演も飛び出した。
みんなで歌えて、大暴れできる曲の数々に加え、毎回趣向を凝らした演出
でオーディエンスを楽しませるZEBRAHEAD。彼らは改めて、フェスティバ
ルに欠かせない存在であることを印象づけた。

「パンクガ好キナラ洋楽モ邦楽モ関係ナイ。テメエラ全員カカッテコイッテ
コトダ!!」と超満員の客席に吠えたMAN WITH A MISSIONもZEBRAHEAD
同様、もはやロック・フェスティバルには不可欠な存在だ。
この日はZEBRAHEADと共作し、両者の魅力を凝縮したとも言える“Out
Of Control”でマッティ(・ルイス/vo,g)、アリ(・ダバタビィ/rap)、ダン
(・パルマー/g)を迎え、“Devil On My Shoulder”に続く豪華共演でも
盛り上げた。

さぁ、残すところRANCIDとFALL OUTBOYの2組だ。2008年以来の出演
となるRANCIDは3作目のアルバム『…AND OUT COME THE WOLVES』
が今年、リリース20周年を迎えることを意識してか、序盤、同アルバムから
の曲を立て続けに演奏。その後もパンクとスカを気ままに行き来する新旧
のレパートリーを織り交ぜながらエネルギッシュな中にもベテランらしい円
熟とルースな魅力が絶妙に入り混じるステージングで彼らの来日を心待ち
にしていたファンを喜ばせた。かつての影響力を思えば、客席が若干、寂し
かったのは残念だが、彼らの演奏を心底楽しんでいる人達にはそんなこと
はどうでもいいことだったにちがいない。ラストを飾った“Time Bomb”“Ruby
Soho”のゴキゲンすぎる2連打に胸が幸せな気持ちでいっぱいになった。

新旧のレパートリーを楽しませたRANCIDとは逆にFALL OUT BOYはラ
イヴの定番曲を散りばめながら、“Irresistible”、“Immortals”ほか、新曲
を多めに披露して、復活後の絶好調をアピールした。いや、アピールした
と言うよりは、それが今の、自然体のFALL OUT BOYということなのだろう。
「コンニチハ。We’re Fall Out Boy!」「トキオ、オ元気デスカ? 一緒ニ歌ッ
テクダサイ」
 ピート・ウェンツ(b)とパトリック・スタンプ(vo,g)ともに復活後、オーディ
エンスに呼びかけるとき、以前よりも日本語を交えるようになった。そんな
彼らに会場をぎっしりと埋め尽くした大観衆が手拍子、シンガロングで応え、
イベントの最後を飾るにふさわしい光景が目の前に広がった。
アンコールの最後はお馴染み“Saturday”。いつもどおりローディーにベー
スを渡したピートは客席に下りていき、吠える。そして、最後はオーディエ
ンスに抱えられながらピースマークを掲げ、「See you next time!」と満面
の笑みを見せたのだった。


文・山口智男/text by Tomoo Yamaguchi
photography by (C)PUNKSPRING All Rights Reserved.,
© Nobuyuki Kobayashi (MAN WITH A MISSION) & 半田 安政(showcase/SiM)


シェア

■LINK