The Birthdayがかき鳴らす、
とびきりロマンにあふれたロックンロールを堪能

The Birthday
Quattro×Quattro Tour' 13
December 13th, 2013 at Shibuya Club Quattro, Tokyo

12月初頭に、およそ1年半ぶりの音源『LEMON』をリリースしたThe Birthday。これ
に伴って、全国4ヶ所のClub Quattroを廻るツアーを敢行。そのファイナルであり、
2013年最後のライヴである渋谷のライヴに行った。数多くのフェスに出演し、武道
館公演の経験もあるバンドだけに、このサイズの会場で観られるのは、とてもスペ
シャルなことだ。ほかの予定を差し置いて、会場に走った。

さすがに大入り。チケットの倍率もかなり高かったようだ。外の寒さと、フロアの熱気
の温度差に胸を躍らせていると、19:00を10分ほど過ぎたあたりで、登場SEでおな
じみ、THE CRESTの“16 Candles”とともに開演が告げられた。

チバユウスケ(vo,g)の「ハロー」というあいさつに続き、クハラカズユキ(ds)のドラム
が切り込んでくる。幕開けは“カレンダーガール”だ。ジャキっとしたギターリフと、どこ
か気だるそうなリズム、チバの独特のしゃがれ声が心地よく響く。そのまま“VIRGIN
NUDE BEAT PARTY”ほか、一気に4曲披露。そしてMCかと思いきや、一言だけ「サ
ンキュー」と言い放ってから“ディグゼロ”へと進んでいった。
とにかく存在感というか、説得力が格別だ。どの曲も特別スピード感があるわけでも、
分厚い音圧で武装しているわけでもないし、そもそも音数も多くはない。むしろ音の
すき間を活かしたプレイと曲で、やっていることは非常にシンプルだ。それでも鍛え
上げられた音の強度はハンパではないし、何より生々しい。

ほぼMCはなく、ときたま軽く挨
拶をするくらいで、ひたすら曲を
プレイしていく。淡々としていて
ぶっきらぼうなようだが、曲だけ
でライヴの流れと、起伏をしっか
りと作り上げているのだ。実際、
ひりつくような“グロリア”、赤いミ
ラーボールが妖しいムードを生
み出した“Red eye”など、とにか
く曲の幅は広い。
特に印象的だったのが、メランコ
リックな音が徐々にフロアを満た
していく“シルエット”に、たそがれ
た響きの“LEMON”と続いた流れ。
ほんのりとシューゲイザーを思
わせるような音が重なりながら響
き渡り、幻想的な空間を作り上
げていた。
ほかにも初期パンクロック、ジャ
ズ、ブルース、ファンク等々…
曲ごとににじませる要素がカラフ
ルで、手の内はいくらでもあるこ
とを感じさせた。それでありながら、最終的には味わい深く、どこかお行儀がよくなくて(笑)、
硬派でそれでも親しみやすい「The Birthdayのロックンロール」として結実させている。シン
プルなのに奥深いのは、そのバックグラウンドの広大さと、ソングライティングの手腕があっ
てこそ。チバの独特の感覚を持った歌詞世界も、外すことのできない要素だ。

このツアーでは“星に願いを”という新曲
も披露されたが、まだ誰も知らない曲の
はずなのにテンションは下がらなかった。
そして鐘の音(クリスマスを意識?)から
のポップでアップテンポな“LUCCA”を皮
切りに、“涙がこぼれそう”“なぜか今日は”
“Ready Steady Go”“KAMINARI TODAY”
と、名曲を連発。はじめてダイバーも出
現した。

アンコールは2回。大ラスはクハラがやっ
とMCらしいMC(それでも短いけれど)を
入れてからの“ローリン”だった。この日披
露された曲のなかでも特に激しい曲調で
一気に爆発。合間にはチバが笑顔で“赤
鼻のトナカイ”をフロアと歌い分けたり、雄
たけびでコール&レスポンスする場面も。
こうして21曲、2時間オーバーのライヴは
幕引きした。



高校生のときから、チバと
クハラが在籍していたTHEE
MICHELLE GUN ELEPHANT
(TMGE)が大好きだった。
彼らが解散したあたりから、
僕の音楽的な嗜好はより
ヘヴィになっていったが、
TMGEと、チバの別バンド
であるROSSOをはじめと
する関連バンドたちのこと
はチェックしていた。学生
のころはお金もなかったし、
そもそもなかなかチケット
が取れなかったのでライヴ
からは遠ざかっていたもの
の、彼らの存在は、ずっと
僕の中で大きかった。そし
て今年の夏、10-FEET主
催の京都大作戦で、およそ
10年ぶりにチバとクハラの
姿を観た。それでやはり自
分の中で燃えるものがあっ
て、今回この単独公演にも
足を運んだ次第。
ライヴ中、実はもっとTMGE
と比較するようなことになる
かと思っていたが、そんな瞬間は一切なし。10年前の自分を思い出すことはあれど、目の前
の「かっこいいロックンロールバンド」を、とても新鮮な気持ちで楽しむことができた。

2013年はライヴ映像作『RAISE YOUR BLACK FLAG The Birthday TOUR VISION
FINAL 2012.DEC.19 LIVE AT NIPPON BUDOKAN』と、シングル『LEMON』のリリー
スに止まったThe Birthdayだが、来年にはより活発に動くことになるはずだ。やはりか
っこいいバンドのことは、追いかけていたいもの。彼らの動向は、来年もっとも楽しみな
ことのひとつになった。


文・望月裕介/text by Yusuke Mochizuki
photography by Yuki Shimbo


シェア