国産メタルインディーレーベルBlack-listed recordsがナンバリング100タイトル突破を記念したイベントにM.D.M.Sが出演!

激烈爆音と爆笑の渦に巻き込んだM.D.M.Sを徹底リポート!

台風22号が本州を直撃する中、吉祥寺クレッシェンドにてBlack-listed recordsのナンバリング100タイトル突破を記念したイベント、Black-listed Fes!が開催された。 ファンからレーベルとしてのブランディング力や、音楽的な信頼を得ているのだろう当日はソールドアウトで、会場の中は賑わいをみせていた。Black-listedと一番最初に契約を結んだバンド、Mastermindなどが当日は出演。そんな中、ひときわ異色な個性を放つバンド、M.D.M.Sも出演した。




この日、彼らの”ライヴ”はサウンドチェックから始まった。真剣にPAエンジニアに調整の指示を出すShin(g)に、大声で笑けるMayo。しばらくすると、絶叫と笑いがステージ越しに聞こえてきた。そう、サウンドチェック中のメンバー間のやりとりはすべて客席に丸聞こえだったのだ(笑)。メンバー皆大爆笑、客席フロアからも終始笑い声が絶えなかった。いかにもM.D.M.Sらしい幕開けとなった。

そして客席内が暗転し、『TOTALLY FUCKED UP』中最も勢いと音数が多く、攻撃性の高い”Fuck Off Mother Fuckers”でスタート。左からDaibon(b)、Mamiya(vo)、Shin、そして奥にMayo(ds)という並びだ。続けざまに” Bad Acid Trip & Cold Turkey"を披露。 前日に発熱したことから体調は決して万全じゃない。だけど、それをまったく感じさせないMamiyaのパフォーマンス力。ヴォーカルも冴えていた。彼女のシャウトやグロウルともとれない、独特のヴォーカルスタイルに魅了される。




リズムに対して非常にタイトなプレイをするShin。また、ライヴ全体を通してギターを変えないという彼の姿勢も好きだ。ギタリストとしての1本の”筋”というものを感じ取れるし、バンドに対して、音作りに対しても、いち演者としてのこだわりというのもを感じる。ギタリストが1人しかいないと、どうしても音圧に厚みが感じられない瞬間があるが、彼のプレイの奇才さ、巧みさからそれらはまったく感じられなかった。




ここで、事前にTwitterでも告知していた通り、Shinが2人になる時がやってきた。正直、SNSでその告知を知った際、「どんな手を使ってくるのだろう。おにぎりの時も予測不能だったしな」なんて思いながら待っていた。真相はこうだ。M.D.M.Sの兄弟バンドともいうべきVELVET★CHERRYに籍を置くShinichi(g)がゲストとして登場した。告知画像こそShinの2面を使っていたものの、実際は名前が”Shin”という共通点だったのだ。どうやらVELVED★CHERRYの紹介によりM.D.M.SはBlack-listed recordsと契約を交わすことができたらしい。そんな先輩バンドとの”絆”をカヴァーしダブルShinは幕を閉じた。




この日のM.D.M.Sは山場の連続だった。MamiyaがBlack-listed records代表/大西祐之氏へ感謝の意を述べる一幕があった。「大西さんへ。100タイトル突破おめでとうございます」から始まる感謝の意は自虐ネタ満載だ。
「私たちはこれはいいこと、これは悪いこと、というように指図されるのが嫌です。それどころか、大西さんは無理があるであろう放送禁止用語ばかりのアルバムを頑張って売ってくれました」と、その場面を完全に自分たちのものにしていた。
「今後とも迷惑をかけると思いますが、きちんと恩返しをするのであと150年ほど生きていてください」と真顔で述べ、ステージ袖ではスタッフが「時間が押しているので、巻きでお願いします!」というツッコミを入れたのがウケた。 「感謝の気持ちを込めて中指立てろ!Fuck you!」と景気よく言い放ち”Nasty Trick”でライヴは幕を閉じた。

上っ面だけみるとギャグバンドのようにも感じられるが、いたって真剣な姿勢、音楽への向き合い方がプレイから滲み出てる。30分5曲と短めではあったが、それでも十分に濃密なM.D.M.S流ロックンロールワールドが体感できた。
今、右肩上がりの彼らをぜひ目撃してほしい。12月22日、23日には同会場でドラマーMayo生誕祭”Mayo FEST”なる催しがある。そちらも要チェックだ。


文・島村優駿
写真・Mitsuhiko Maeda