新編成とともにANTHEMが
燃えあがらせる、ヘヴィメタルの炎とは!?


司令塔である柴田直人(b)の病気による一時活動休止と復活。2001年の再
結成以来、フロントを張り続けてきた坂本英三の脱退と、22年ぶりとなる森川
之雄の復帰。そして長らくサポートとして土台を支えてきた田丸勇(ds)が正
式メンバーとして加入。紆余曲折を経て制作されたANTHEMの新作は、前作
『BURNING OATH』以上の勢いと力がみなぎる作品になった。

坂本ほどのハイトーンではないにしても、抜群の歌唱力と、強い存在感を放つ
声を持つ森川。その声対抗するため、ギター、ベース、ドラムといったバンドサ
ウンドもより強固になっている。結果的に、バンドのすべてがパワーアップして
いるのだ。柴田自身「このメンバーでやれることがうれしい。いいパフォーマン
スで、お互いにケツを蹴り合っている感じ」と語っており、バンドがとてもポジティ
ヴな、そして緊張感のある空気のなかにいることがわかるサウンドだ。

いきなりきらびやかなシンセに続き、熱っぽく歌い上げる声で幕を開ける“Shine
On”で、まず驚くとともに、ガっと掴まれる。そのまま“Destroy The Boredom”ま
で一気呵成に突っ走ったかと思えば、ミドルテンポのバラード“Love Of Hell”をド
ラマティックに聴かせる。スラッシーな“Don’t Let It Die”を経て、勇壮なインスト
曲“Absolute Figure”からどっしりとした“Sailing”へと流れていく構成も見事だ。
ラストの“Run With The Flash”まで、たしかな技術と才能に裏打ちされた、メロディア
スなピュア・ヘヴィメタルの連打、連打、連打。メタルとは熱く、たぎる音楽なのだ! 
と、改めて突きつけるアルバムになっている。

デビュー30周年を目前に控え、その勢いは加速するばかりで、精力ビンビンな
ANTHEM。11月に行う全国7都市ツアーと、それで見せてくれるであろう雄姿、
超楽しみです。

text by Yusuke Mochizuki




 ANTHEM
 『ABSOLUTE WORLD』
 10月22日発売

▲ TOPへ戻る /  前の記事へ /  次の記事へ