新たな道を切り開き続ける、
BABYMETAL次章の幕開け!!



「カワイイとメタルの融合」という、それまで誰もやるどころか考えていなかったことを実践し、前人未到の地を切り開いていくBABYMETAL。まさに勝負作となる2作目が、ついにリリースされた。

最初に聴いたとき、思わず笑ってしまった。ありとあらゆるメタルのサブジャンルを総括し、通常ではあり得ない情報量と幅広さがあるのに、BABYMETALの名のもとで、見事に1枚の作品として成立させている。
またサウンドそのものの説得力もアップ。活動開始当初はメタルのことをよくわかっていなかったSU-METAL、YUIMETAL、MOAMETALの3人が、海外を含めた過酷なツアーを経験することで、メタルがどんな音楽なのか、どんな人が聴いているのか、どう表現すべきなのかを体で会得した結果だと思う。単純な歌唱力とか、そういったもので測れないものが宿っている。

クサメロとブラストビートを盛り込んだ“Road Of Resistance”ではメロディック・スピードメタルを、バウンシーな硬質リフが目立つ“KARATE”では近年の必須科目であるDjentを、ギラギラした電子音を取り入れた“あわだまフィーバー”ではデジタル・ハードコアを披露。かと思えば“META! メタ太郎”は昭和の特撮主題歌とヴァイキング・メタルのおいしいとこどりとでも言いたくなるし、“GJ!”はラップメタル。“Sis. Anger”はブルータルデス~デスコア的な凶暴さに、美しいピアノバラード“NO RAIN NO RAINBOW”が続くのもニクい。DREAM THEATERも真っ青なプログレッシヴさの“Tales of The Destinies”から、ラストの“THE ONE”へとなだれ込んでいく締めは圧巻。とにかくメタルとアイドル、両文化を細部まで研究し尽くしたうえで融合させ、オマージュも盛り込み、過剰になるギリギリのラインで踏みとどまる巧みなバランス感覚には脱帽せざるを得ない。

登場したときから「アリ」か「ナシ」か、さんざん議論されてきたBABYMETAL。しかし積み上げた実績とこの作品のクオリティを前にすれば、もうそんな次元にはいないことがハッキリわかるはず。たしかにこれまでに聴いてきたメタルとは、まったく違うものではある。聴いて、いいか悪いか、楽しめるかどうかで判断すればいいのだ。誰も辿りつくことのなかった地平の向こうへと突き進む姿に、むしろうれしくなる作品だ。


text by Yusuke Mochizuki



 BABYMETAL
 『METAL RESISTANCE』
 発売中