足元を見つめ直し、ロックバンドとして振り切った新作が登場!!


まさかこんな作品になるとは! KNOCK OUT MONKEYのニューアルバム
『Mr. Foundation』は、とにかく驚きの連続だ。

思えば2013年にシングル『Paint it Out!!!!』でメジャーデビューして以降の
彼らは、常にメロディに重点を置いてきた。楽曲の軸となるメロディがあれ
ば、アレンジがぶっ飛んでいても、魅力は微動だにしない。それをアルバ
ム『INPUT ∝ OUTPUT』や『Greed』『Wonderful Life』という2枚のシング
ルで学び、実践してきた。が、ラウドな側面が後退していたのも、事実では
ある。しかし昨年のシングル『How long?』で、再びラウドなサウンドへの
揺り戻しを見せた。そこからのダメ押しが、この『Mr. Foundation』だ。

ビカビカと火花を散らす様なイントロからの“RIOT”、“If you fly”で滑走し始
めた時点で、もうバンドが勝ち誇る顔が見えるよう。ラウドなサウンドはよ
り激しくなりつつ、メジャーデビュー以降の作品群でつかんだメロディと、
その響かせかたが、しっかりと反映されているのだ。
またw-shun(vo,g)いわく、「ルーツに立ちかえった」とのこと。それこそ、
自分たちがキッズのころに聴きあさり、影響を受けてきたバンドたちに改
めてどっぷり浸かることで、足元を見つめ直したのだ。例えば“Take you”
はあのミクスチャー・ロック全盛期を思い起こさせるし、“?”なんかは彼ら
流のスラッシュメタルとまで言えそうな仕上がり。お里が知れるのだけど、
それをうまく自分たちのサウンドとメロディに落とし込んでいる。まさしく
「温故知新」だ。

序盤はドカスカとギターリフで攻めまくるが、中盤以降は“MOON”“街”と
いった歌ものもサラリと挟み込んでくる。1曲1曲のなかでももちろんだ
けど、楽曲どうし、作品全体でも大きな起伏のある、ダイナミックなアル
バムなのだ。

国産ラウドロックが成熟期を迎えようとしているなかで、こんなアルバム
が出てくるとは。洋楽からの影響をたぶんに含みつつも、あくまで日本
人にしか歌えないメロディで勝負に出ている。本作をもってスタートする
ツアーで、彼らは固め直した足元から、一気に高みへと突き抜けていく
に違いない。


text by Yusuke Mochizuki


 KNOCK OUT MONKEY
 『Mr. Foundation』
 1月14日発売