noTOKYOが刻みつける、
国産ミクスチャー・ロックのニュー・チャプター!!


90年代後半~2000年代前半にかけ、日本のミクスチャー・ロックシーンを彩ったCULT OF PERSONALITY、そしてsmorgas。バンド解散後、一時はシーンから完全に退いたメンバーもいたものの、運命的な出会いと再集結によって生まれたのが、このnoTOKYOだ。

メンバー全員がたしかなキャリアを持つだけあって、テクニック、安定感は折り紙つき。本作『日本の雑味と純粋 ~JAPANESE SWEET AND SOUR~』では、そのメンバーの持つ実力を遺憾なく発揮したアルバムだ。それでいて妙に肩に力が入り過ぎておらず、一音一音が、とても自然に呼吸をしているように鳴っている。

サウンドは、まさしく往年のミクスチャー・ロック。バネの強いリズムが跳ねまわり、ファンクやヒップホップ由来の筋肉質なグルーヴをアピール。変幻自在の音を繰り出すギターも、シャープなカッティングを刻んだかと思えばトリッキーなプレイも見せ、さながらサンプリングの如し。そこに乗るLINDAのヴォーカルは、声色を器用に使い分けつつ、楽曲ごとに様々なキャラクターを表現している。たたき落とす様なヘヴィさはないものの、ニューメタル/ヘヴィロックとともに歩んだ世代ゆえか、軽快ながらも、サウンドのコシは強い。

不穏なメロディとグルーヴがうごめく“Japanese Sweet And Sour”“brilliant+hunter”で幕を開け、ポップなメロディが響く“ROCK ICON OF THE DEAD”、往年のRAGE AGAINST THE MACHINEを思い出させる“YES! newWORLD”に“Chu★Getter”が続いたかと思いきや、“rest of memories”ではジャズ/フュージョンの素養も見せつけたりもする。正直、トレンドのサウンドではないかもしれないが、たしかなテクニックに裏打ちされたミクスチャー・ロックは、むしろ新鮮だ。国産ミクスチャー・ロックの新章を、noTOKYOが刻みつける。



text by Yusuke Mochizuki

 noTOKYO
 『日本の雑味と純粋 ~JAPANESE SWEET AND SOUR~』
 8月19日発売