国産グランジ/オルタナティヴ・ロックの
スタート地点となるアルバムがついに登場!!


まさにアートワークの通りの作品だ。カラフルでポップなのだけど、
目を凝らしてみると、どことなくイビツ。THE TEENAGE KISSERS
の初フルアルバム『VIRGIN FIELD』は、彼らが現シーンにおい
て異物であることを感じさせる、 真にオルタナティヴなアルバムだ。

90年代に世界中で猛威を奮ったものの、日本ではNIRVANA等い
くつかのバンドが、やっとこさ評価されるに終わったグランジ/オル
タナティヴ・ロック。
それを日本でしっかりと根付かせるための第一歩が、本作だ。

いきなりひしゃげたフィードバックで幕を開けてからは、ザラリとした
轟音の塊が次々と転がりだしてくる。パンクともメタルとも違う感触の
ディストーションにまみれた、ノイジーでドロリとしたサウンドだ。そこ
に北出菜奈の楽曲ごとに表情を変える、情緒豊かな歌声が載ること
で、楽曲を彩っていく。
薄暗い地下室でひたすら音をかき鳴らすかのような、殺伐とした雰囲
気もたまらない。
特別なことはやっていないはずなのに、ひりひりした衝動がそのまま
の形で垂れ流されていく様には、耳をそらすことができないのだ。

“Damage”や“Silver Cradle”では一気に加速したかと思えば、可愛ら
しいけれど、どこかひねくれた“Rain In My Heart”や“Unicorn Riders”
が響く。かと思いきや“Broken April”では優しげな笑顔を想起させる。
トータルの音楽性はもろにグランジのそれなのだけど、決して過去の
焼き直しでも、猿真似でもない。先人たちへのリスペクトと愛を大切に
しながら、自分たちにしかできないことを突き詰められている。
日本でのグランジ/オルタナティヴ・ロックのゼロ座標は、間違いなく
ここだ。

ちなみに“Sunday Morning”はVELVET UNDERGROUNDのカヴァー。
グランジではなく、それらに影響を与えたバンドを取り上げるとは、これ
またにくいセンスだ。



文・望月裕介 / text by Yusuke Mochizuki


 THE TEENAGE KISSERS
 『VIRGIN FIELD』
 7月9日発売

▲ TOPへ戻る /  前の記事へ /  次の記事へ